広島のすぅちゃん

BABYMETAL中元すず香の軌跡をたどる

070 中元すず香 ソロオーディションに合格しアクターズスクール広島発表会(2006秋)に出演

 2006年春、アクターズスクール広島にスカラシップ生として入学した中元すず香ですが、その頃の様子を伝えててくれる逸話はあまり聞こえてきません。

 基礎から叩き込むというアクターズスクール広島の厳しい方針のもとすぅちゃんは地道にレッスンに通ったことでしょう。

 そんな中元すず香ですが、早くもスクールで頭角を現し始めます。
 スクールの発表会オーディションにソロで応募するよう促されるのです。

 アクターズスクール広島発表会とは
春(3月)と秋(9月)に開催されるアクターズスクール広島の発表会。生徒全員が参加する。春の発表会は「SPRING ACT」、秋は「AUTUMN ACT」と称される。

 直近の発表会の概要は以下のページ参照
http://www.tss-tv.co.jp/actors/activities/2015autumn_act.html
http://www.tss-tv.co.jp/actors/activities/detail150913.html

 

また、ASHのHPには以下のように記載されています。

 春と秋の2回、本格的な発表会を行います。
 発表会に向けてのレッスンが、才能を磨くことにつながります。
クラス出演が2曲、それに加え、ユニット・ソロオーディション合格者、 P企画に選ばれた人が出演します。
 発表会には様々な芸能プロダクション関係者、 レコード会社の方にお越しいただき、生徒の実力を見ていただきます。
 各プロダクションの評価を総合して、スカラシップ生を決定いたします。

http://www.tss-tv.co.jp/actors/course/index.html

 ASHは歌やダンスを磨くスクールですが、漫然と練習を重ねるのではなく、この発表会へ向けてレッスンを重ねることがこのスクールの大きな柱となっていることがわかります。
 発表会はスクール最大の行事であり、発表会を中心に年間スケジュールが動いていっているといっても過言ではないでしょう。

 記載のとおり、発表会の構成は

  ①クラス出演(クラス毎全員参加型)

  ②ユニット・ソロオーディション合格者出演

  ③P企画(スクール側の企画により構成されたユニットによる)出演

 3つのパターンがあることがわかります。
 直近の2015年秋の出場者はこのような感じです。

ACTOR'S SCHOOL HIROSHIMA 2015 AUTUMN ACT 

■開催日時
2015/09/13(日)【第一部】12:30開場/13:30開演 【第二部】16:30開場/17:30開演
■開催場所
 広島アステールプラザ中ホール(広島市中区加古町4-17)
■出演
 【第一部】

Aクラス・Bクラス・Cクラス・Dクラス・Fクラス・ダンスチームA・KIDSクラス・BOYクラス
SPL∞ASH今村美月・志水愛美・段原梨里・矢野未来山本杏奈・由良朱合
 【カープ大好きGIRLS】穴水千智・泉舞衣子・梶田和子・金谷清香・高竹香夢・広本瑠璃・峯吉愛梨沙
 【P企画ユニット】天野友香・泉舞衣子・桑原彩菜・高竹香夢・谷口愛季・山本夢乃
 【P企画ユニット】穴水佑輔・奥村深友・重本 蓮・神後一馬・宅明美咲・土居瑠利茄・中澤彩希・森元祐紀・矢野未来
 【Twins】平内真矢・藤井菜央・森元祐紀・重本蓮
 【Fragrance】重松朝香・天野友香
 【mix9】段原梨里・今村美月山本杏奈中村葵生・吉冨さくら・吉武千楓・八木海莉・穴水千智・植木りん
【Alie feat.プチプチ☆】吉武千楓・由良朱合・広本瑠璃・金谷清香・梶田和子
 【フラム】矢野未来・奥村深友・山本杏奈
 【ソロ合格者】穴水佑輔
 【ソロ合格者】宅明美
 【ソロ合格者】藤井菜央
 【ソロ合格者】米田みいな
【ソロ合格者】平内真矢
 【演劇コース】天野友香・吉村風香・八木海莉・永尾梨央・梶田和子・穴水千智・加來わかな・山本夢乃・尾茂井奏良・桑原彩菜・ 大峯絵莉子・能勢凜子・清水梨花・重松朝香・広本瑠璃・峯吉愛梨沙石田千穂・橋本真理子・奥本陽菜・石田海理
 【スクールの歌(NEW HORIZON)】全員

 

【第二部】

Aクラス・Bクラス・Cクラス・Dクラス・Fクラス・ダンスチームB・KIDSクラス・BOYクラス
SPL∞ASH今村美月・志水愛美・段原梨里・矢野未来山本杏奈・由良朱合
 【MAX♡GIRLS】宇都百香・田原実来・反田葉月・中村葵生・橋本真理子・堀希美佳・宮﨑菜々・八木海莉・吉冨さくら・吉村風香
 【P企画ユニット】平内真矢・藤井菜央・米田みいな
【P企画ユニット今村美月・反田葉月・山本杏奈・由良朱合
 【RuiM】奥村深友・土居瑠利茄
 【LOVER】宮﨑菜々・由良朱合・吉村風香・清水梨花・泉舞衣子・中野夏希
 【A.K☆Revolution】長嶺碧・高竹香夢
 【Sextet】土居瑠利茄・中澤彩希・今村美月矢野未来・吉冨さくら・早志香奈子
 【ソロ合格者】八木海莉
 【ソロ合格者】重本蓮
 【ソロ合格者】吉武千楓
 【ソロ合格者】天野友香
 【ソロ合格者】山本杏奈
 【モデルコース】穴水千智・加來わかな・梶田和子・金谷清香・桑原彩菜・清水梨花・平内真矢・広本瑠璃・宮本鈴奈・泉舞衣子・上野優奈・橋本真理子・藤井菜央・堀希美佳・宮﨑菜々・八木海莉・吉村風香・米田みいな・吉冨さくら・吉武千颯・山本杏奈今村美月中村葵生・反田葉月・中澤彩希
 【スクールの歌(NEW HORIZON)】全員

http://www.tss-tv.co.jp/actors/activities/2015autumn_act.html

第2部に目を向けますと、

1行目に①クラス出演
4、5行目に③P企画ユニット
6~9行目(RuiM~Sextet)が②ユニットオーディション合格者
10~14行目が②ソロオーディション合格者


 ちなみに2,3行目の「SPL∞ASH」と「MAX♡GIRLS」はすでに活動中のユニットで自前の作品があったりしますので特別参加的な扱いであると思われます。

 ユニットオーディション組とP企画ユニットの違いですが、ユニットオーディションは生徒側が自主的にユニットを組み、オーディションに臨むものであるのに対し、P企画はスクール(講師)側からユニット企画を発案し、メンバーを選考するものです。P企画のメンバー選考についても個別のオーディションが行われます。

 オーディション悲喜こもごもはこちらの動画によく描かれていますのでご参考までに(14分あたりから)

www.youtube.com

 このようにオーディションに次ぐオーディションを勝ち抜き、ようやく舞台に立てる発表会ですが、中元すず香は入学後数か月でなんとソロでのオーディション応募を勧められます。
(冒頭でも「促された」と書きましたが、入学後間もない上に、自分の意思を持つにはまだ幼い時期ですので、講師(学校側)が応募するように勧めたと考えるのが自然ですのでこのように記しています)

 

 オーディションに臨んだ曲は絶対的自信を持つ「メランコリニスタ」。
 中元すず香は見事にオーディションに合格し、ソロでの発表会出場を勝ち取ります。ちなみにソロオーディション合格者最年少だったようです。

 

 こうして中元すず香2006年9月17日(小学3年生、8歳)、広島県広島市アステールプラザ大ホールにて行われたACTOR'S SCHOOL HIROSHIMA 2006 AUTUMN ACT のステージにたちました

f:id:pierofw:20160308044654j:plain出典:スクランブルエッグ様 http://www.scramble-egg.com/school/06ash_autumn.htm

 

 大きなホールにて行われた初ステージ。小学3年生のすぅちゃんはさぞかし緊張したことでしょう。
 ですが、大物中元すず香は見事に「メランコリニスタ」を歌いあげます
 当時の貴重な生き証人さまのコメントをどうぞ。

 「3月の「スカラシップオーディション」でグランプリを獲得したすず香ちゃんがさっそくの登場。 小3にして、堂々としたステージは大物感を漂わせます。」

       スクランブルエッグ様

       http://www.scramble-egg.com/school/06ash_autumn.htm

 

「今年の春にあったアルパークスカラシップオーディションでグランプリをとった中元すず香さんが、早くもソロオーディションに合格して出てきました。曲は、スカラシップオーディションでも歌っていたYUKIの曲。スカラシップの時もすばらしかったのですが、さらに歌が洗練されていたように感じました。まだ小学校3年生のとってもカワイイ子ですが、その存在感はスゴイものがあり、彼女のステージに引き付けられました。」

       haruhisaって?様

       http://star.ap.teacup.com/haruhisa/152.html

  大物ぶり、存在感、中元すず香は今も昔もかわらず、ステージで動じることなく輝く存在であることがわかります。

 

www.youtube.com

 

ところで、中元すず香がアクターズスクールの顔、あるいはエースであったというような印象を押し出すことを好むかたもいらっしゃいますが、この頃、中元すず香はASHのエースではありません。さらに誤解を恐れずに言うなら一度たりともASHの顔的な存在となったことはありません。
ASHの発表会で中元すず香が出演する回数は意外と少なく、彼女より多くステージに立つ生徒は他にたくさんいます。この頃は住田花菜さんという第1回スカラシップグランプリを獲得した先輩が出演回数も多く、生徒全員で合唱する校歌でもセンターを務めるなどしていたようです。
また、当然スクールを牽引する役割は年齢的に中学生あたりが務めることになりますし、ASHの顔ともいうべき専科クラスのメンバーが中心になるわけですが、中元すず香は後に述べるように、早々と東京の芸能事務所にスカウトされてしまうのでASHでの活動は限られたものになっていきます。
いずれにせよ、中元すず香のASHでの活躍は限定的であり、この頃の中元すず香はあくまで期待の新人さんといったところでしょうか。

 

この発表会で、中元すず香はソロでの出場以外に、P企画ユニットで1つ、Aクラスとして2つの演目に出演しています。
Aクラスでの演目の1つがこれだったらしいです。

Aクラス、日本ブレイク工業

 「 文句なしの面白さ! イベントでもぜひ披露してほしいですね。」(スクランブルエッグ様)

  

「ヘルメットをかぶったりして、みんなとってもカワイク歌って踊っていました。」(haruhisaって?様)

ヘルメットをかぶった中元すず香!?
み、みたい・・・ めっちゃ見たいぞ!
この写真の一番左がすぅちゃんだったりする?
うーむ、コメディチックな中元すず香が見たい!

f:id:pierofw:20160308045942j:plain

(出典:スクランブルエッグ様 http://www.scramble-egg.com/school/06ash_autumn.htm

 

こんな感じで初めての発表会を無事に終えた中元すず香ですが、発表会に前後して環境に変化が訪れます。
一つ年上の姉、日芽香もASHに通うことになったのです。