読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島のすぅちゃん

BABYMETAL中元すず香の軌跡をたどる

270 可憐Girl'sおはスタに登場からの、中元すず香の深いお辞儀の背景を探る

2008年8月29日、可憐Girl'sはテレビ東京の番組「おはスタ」に出演した。
可憐Girl'sそして中元すず香も初のテレビ番組出演となった。

 

 おはスタとは
テレビ東京系列6局と近畿地方の独立放送局3局で放送されている日本の平日早朝(6:59~7:30)の子供向けバラエティ番組。制作はテレビ東京小学館集英社プロダクション
 Wikipediaより引用

 子供向けバラエティ番組+絶対可憐チルドレン放送局テレビ東京+番組制作小学館なんですから出演するのは当然の流れなんですなあ。
 もうこうなるとアミューズがどうのというより巨大な歯車ががっつり回り始めてしまってる様相。

 

 そんな背景はさておき、番組はほんとに素晴らしい。
 30分まるまる可憐Girl'sづくしです。
 この動画で可憐Girl'sの様子が垣間見れます。

www.youtube.com

 

登場シーンから順を追ってみていきましょう。

f:id:pierofw:20160409041653j:plain

うぉおおお!「おっはー!」って、め~っちゃくぁわぁいい!!!!!!
うひょー!初めて生で動く中元すず香を見た!
って、感じでしょうか。
かちこちに固まったインタビュー動画と違って動きと表情がある生番組はほんといいですねぇ!!

 

 

そしてお辞儀である。

f:id:pierofw:20160409041746j:plain

 いまやBABYMETALの代名詞ともなった画面からはみでるほどの深いお辞儀だが、中元すず香はこの頃から深いお辞儀をしていた。
 BABYMETALの深いお辞儀を見て、「さくら学院以来の伝統」とおっしゃるかたもいる。中元すず香の深いお辞儀は、親御さんの教育もあるだろうが、アクターズスクール広島の教えもその背景にあるのではないかと感じている。
 ASHはとにかく体育会系であり、礼儀作法にも厳しい。アミューズも礼儀はそれなりに教えるだろうが他の所属アーティストの様子を見ても決してスパルタではないであろう。

 

 ASHの創立以来ヴォイストレーナーを務めている田中都和子(たなか・とわこ)は以下のように述べている。

 私がまず教えたいと思っているのは、大人との付き合い方。子どもは普通、学校の友だちとの世界に生きています。でも芸能の世界に入れば、必ず大人と接することになる。その最初に出会う存在が、私たち講師陣なのです。だから、あいさつや礼儀という基本的なことは当然教えますし、子どもたちにとっては理解できないことや理不尽なことを、見たり感じたりすることも出てくると思うので、それをいかに腑に落としていくかということも、重要になってきますね。
 引用:https://logirl.favclip.com/article/detail/5673605660672000

           f:id:pierofw:20160409041912p:plain

 田中の言葉からは、初めて接する大人である講師が生徒の模範となるよう、厳しく接する気概が感じられる。
 「子どもたちにとっては理解できないことや理不尽なこと」は、上下関係や礼儀作法といったことだろう。子どもはなぜ目上の人やお世話になる人にきちんと挨拶をしないといけないかは当然わからない。される立場になって初めて意味がわかるのだから。芸能界というのはとにかく上下関係や礼儀作法に厳しい世界ということはよく聞くので、そのあたりのことを叩き込んでいく姿勢が感じられる。
 上記HPは田中の考えがよくわかるインタビューなのでぜひご一読いただきたい。
 ASHの卒業生は皆、この田中の薫陶を受けてきているわけで、田中に育てられ、認められたスクール生が礼儀正しく忍耐強く基礎がしっかりしているのは当然の結果であろう。
 どんなに大スターとなっても謙虚な姿勢を失わないPerfume中元すず香。その原点はやはりアクターズスクール広島にあると感じている。

 

 そしてさくら学院第5代生徒会長である磯野莉音(いそのりのん)はこのように述べている

 ——続いては2012年度です。
磯野 すーさん(中元すず香)とまりり(杉本愛莉鈴)が、スゴイ歌を楽しんでいる感じがしたし、礼儀に関しては「お辞儀に気持ちが込もっていない!」って、怒られたり……。

——へ~、それは誰から?
磯野 すーさんからです! 2012年度は父兄さんへの感謝の気持ちを教えられた年でしたね。

——中元さんがそういうタイプの先輩だったとは意外!
磯野 2011年度までは、全然言わなかったんですけど、生徒会長になってからは、さくら学院への想いが強いからだと思うんですが、たくさん怒られました
 引用:http://www.entamenext.com/news/detail/02/id=1556

 中元すず香さくら学院生徒会長(中学3年生)、磯野莉音が小学6年生時の話しです。
 3つも年上でかつ体育会系の教えを受けた中元すず香に「たくさん怒られ」たのはかなりきつかったでしょうなあ。僕が小学6年生なら大スター中元すず香にまじオコされたら確実に泣きますわ。
 それにしても「お辞儀に気持ちが込もっていない!」ですか・・・
 それまでもさくら学院のメンバーとして活動しているわけで、当然ちゃんとお辞儀していたでしょうから、そんなこと言われても磯野は「理解できないことや理不尽」に感じたでしょうなあ。中元すず香が求めるお辞儀はさらに深くということで、さくら学院に現在も伝わる深いお辞儀の伝統は中元すず香が深化させていったものなのでしょう。

 

かわいらしい「おっはー」から話しがかなり飛躍してしまいました。
次回さらに「おはスタ」出演を掘り下げます。