読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島のすぅちゃん

BABYMETAL中元すず香の軌跡をたどる

330 中元すず香 ミュージカル「冒険者たち」で可憐に花を咲かせる

可憐Girl'sの最初で最後のアルバムは2009年2月25日に発売されますが、それに先立ち

〇収録曲「Bye!Bye!Bye!」のPVが公開されます。

www.youtube.com

 いや、これ、今回調べるまで公式PVとは気づいてなかったw
 やっつけ仕事にもほどがあるw

 

 なお、この曲について3人はこのように語っています。

 AYAMI:これ、歌詞がめちゃくちゃよくて。ヤバいんですよ~。
SUZUKA:私、レコーディングのときに大サビ歌ってて泣いちゃいました
AYAMI:私はこの曲でYUIKAを泣かせちゃいました(笑)。耳元で感情込めこの歌詞をささやいてたら、YUIKAが感動しちゃったみたいで。
YUIKA:号泣しました(笑)。
SUZUKA:なんか、“涙じゃなく笑いあって”とか、そんなこといわれると、逆に涙が出て泣けちゃうんですよ。
AYAMI:この歌詞がいままでの私たちにピッタリすぎて。そう思うと、昔のことが懐かしくなってくるというか。「別れたくないな~」って思っちゃうんですよね。
 BARKSより引用:http://www.barks.jp/news/?id=1000047170&page=3

 


〇CD発売直前にいつものごとくBARKSにて特集ページ公開
 http://www.barks.jp/news/?id=1000047170&p=0

 あいかわらず素晴らしいページ。良インタビューもあり、触れたい箇所が山ほどあるのですが、キリがなくなるので一つだけピックアップ。

いまタイムカプセルを埋めるとしたら、そこに何を入れる?
AYAMI:私は可憐Girl'sのCD3枚を全部!
YUIKA:私もCDを入れたいです。
SUZUKA:私はみんなでお揃いのものを入れて、“このとき、こういうの揃えたね”って開けたときに懐かしく思いたいです。

すぅちゃん!!!!
もうね、なんと言ったらいいか。
思い出というのは友達と一緒につくるんだね・・・
何を入れるかが大事なんじゃなく、なにを入れようか~?と、みんなで考えながら過ごした時間こそがかけがえないのない瞬間なんだね・・・

 


〇2009年2月25日可憐Girl'sのアルバム「Fly To The Future」がリリースされた。

f:id:pierofw:20160416023450j:plain

 オリコンチャートでは19位を記録した模様。

 

 初回限定版にはDVD特典がついており、そこには『絶対可憐だから負けない! IN 沖縄』と題した沖縄で撮影したプライベートショットが収録されていました。
 ビデオの内容は動画サイトにあがっているので検索していただくとして、その中からひとつだけ中元すず香のくっそかわいい動画置いておきます。

www.youtube.com

 

 

 

〇2009年3月5日、ミュージカル「冒険者たち」の公演が始まる

あらためてミュージカル「冒険者たち」について

公演名 ミュージカル『冒険者たち』
公演期間 2009年3月5日(木)~15日(日)
劇場 シアターサンモール
原作 『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』 斉藤惇夫作 岩波書店
出演 内藤大希 川本成 佐野大樹 宮下雄也 平田裕一郎 佐藤永典 山田諒 滝口幸広 増田裕生 中元すず香(Wキャスト) 堀映莉音(Wキャスト) 伊藤明賢 加古臨王 林伊織 向後啓介 外波山文明
主催 ネルケプランニング

 斎藤惇夫氏原作の『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』は、72年の発表以来、多くの人に愛され、読み続けられている児童文学の名作です。75年には『ガンバの冒険』としてTVアニメ化もされ、現在もDVD-BOXが発売されるなど、こちらも根強い人気を誇っています。
 今回のミュージカルでは、フレッシュな若手俳優を中心に、個性的なキャストの面々が、ガンバと仲間たちとして登場!元気なネズミたちが、縦横無尽に舞台を駆けまわります。
 お子様はもちろん、大人も楽しめる本格エンターテイメント作品、ミュージカル『冒険者たち』。
 どうぞご期待ください!

  冒険者たち公式:http://www.nelke.co.jp/stage/bouken/

f:id:pierofw:20160416023518j:plain

 主催のネルケプランニングはアニメ作品を舞台化することが得意なようで、最も有名なものとしてはオールキャスト男性で構成されるミュージカル「テニスの王子様」(通称テニミュ)が2003年からのロングヒットランとなっている。
 「冒険者たち」も写真を見てもらえば雰囲気つかめますが、若手俳優メインの構成となっています。

 観客は当然女性中心(というか、女性のみ笑)。アイドル会場が男性中心の世界だとしたらミュージカルは女性の花園。そこに中元すず香は果敢に飛び込んでいきます。

 そこで魅せた中元すず香の演技・歌。

www.youtube.com

いやあ!!すぅちゃん頑張ってますねぇ!

1曲目は「早瀬川」
中元すず香の唄う島唄最高じゃないっすか!

2曲目は「あの花のように」

荒れ果てた山 塩辛い風
絵にもならない景色の中で
強く可憐に咲く花
何を思って咲くのかな

すぅちゃん、自分に照らし合わせて歌っていたかもしれません。

ちなみに中元すず香が登場するまで1時間近くかかったそうです(笑)


さて、中元すず香の日程は以下のようになっています。

f:id:pierofw:20160416023727j:plain

 ●印が中元すず香の出演回

 14日が可憐Girl'sの最終ライブなんですよ!いったいいつ練習するっていうんですか!?おまけに15日がミュージカルの千秋楽という・・・

 なんという試練を小学生に強いるのか。可憐Girl's任務完了ライブは本当に無事に成功するのか!?

 

f:id:pierofw:20160416025948j:plain

 

このように中元すず香が精一杯けなげに命を燃やしているころ
「うちのキッズにはなかなかの逸材がいるらしいじゃないか」と
社内を嗅ぎまわっているメタル好きの男がいたのでした。