広島のすぅちゃん

BABYMETAL中元すず香の軌跡をたどる

480 中元すず香に学ぶ宣伝法

 ブログ活動が続きます。「冒険者たち」のブログが更新されます。

 

2010.05.23 [Sun] 21:28

 

こんにちは!
日曜日担当 シオジ役のすず香です!

稽古に参加しはじめて約1週間たちました!!
最近 話題の筋トレですが(>_<)


私は いつも参加せずに見ているだけでした。


でも、舞台って本当に体力が必要なんだなぁσ(^_^;)?
と思うようになり
これからは、少しずつですが、筋トレにも参加してみようと思います!!


今回は、ちょっと たくましいシオジでお会いできるかもしれませんヾ(^▽^)ノ

今日は 稽古がお休みだったので台本を可愛くしてみました♪
いつも持ち歩いている大事な本がもっと愛着のわく本になりましたよ('-^*)ok

 

また明日から稽古です!!
あと3週間 この台本でガンバります!!

 

f:id:pierofw:20160521034418j:plain

かわいい!かわいすぎだろ中元すず香

 

2010.05.31 [Mon] 13:32

 

こんにちは!シオジ役のすず香です!!


最近、稽古場では縄跳びが流行っていて
みんな稽古前に三重飛びとかやっていますΣ(゜□゜;)

稽古前に筋トレがあったり、いっつもすごいな?と…見学しています(=⌒ー⌒=)


本番まであと10日!!

この前
 初めての通し稽古をしました!!


前回の『冒険者たち』とはまた違う感じですっごく面白かったですヽ(≧▽≦)/

 

ますます本番が楽しみになってきました!!


明日も稽古頑張ります('◇')ゞ

 なんか思い浮かびますよ。すぅちゃんに「すごい!」と言われて調子に乗って縄跳びするオトコどもの姿が!
 しかし稽古ばっかりしてるんですなあ。ミュージカルというのはたいへんな世界だ。

 

 


そして同日、さくら学院日誌も更新されます。

f:id:pierofw:20160521034537j:plain

 http://ameblo.jp/sakuragakuin/entry-10550078918.html
 もうね、なんと言ったらいいか。
 この日誌は傑作でしょう!
 さくら学院日誌でいうと自己紹介日誌に続く実質ファースト日誌で中元すず香はこのクオリティの文章をぶち込んだきたのです。
 リアルタイムでこのブログを見たかたは衝撃だったでしょう。

 

中元すず香は宣伝が上手である。
→なぜか
→自分の状況や相手の状況に置き換えて伝えるから


 あまりにも素晴らしく、教材にしたいぐらいなので分析してしまいます。

 映画「きな子」の試写会に連れて行ってもらいました。
きな子は、警察犬を目指す犬のお話です。 

 まずここですよね。中元すず香は必ず説明を入れてくれるんです。
 なんの話しかわからない人のために説明文を。それも実にあっさりと簡潔に。
 中元すず香の文章は頭にすっと入ってきます。

 きょとんとしてるきな子の表情はとても可愛くて
きな子が顔面から落っこちたシーンに大爆笑したり
雨の日に山の中に迷い込んだ女の子を助けた時には
スゴく感動して泣いてしまいました。

  とても面白かったです
  めちゃくちゃ感動しました!

 よくある感想です。ですが中元すず香は必ず「なぜ」「どこに」「どうして」を付け加えてくるのです。
 中元すず香を見ていると、伝えるっていうのはそんなに難しいことじゃない。
 へんな描写や高尚な表現はいらない。そんな気分にさせられます。

 

 感想を述べたあとは、皆さんもぜひ観てみてくださいね♪
 と来るのが一般的なブログだと思います。
 しかし中元すず香は違うのです。

 いまだに警察犬の試験に合格していないきな子・・・。
頑張っても頑張ってもなかなか結果が出せない時って
ありますよね?

 う、うん。そ、そりゃあるよ?だって人間だもの。
 この見事な問いかけ。
 だれでもうなずかざるを得ない問いを入れてくる。
 ただ、話しがどこにいくかが見えない。
 「そんなときも、めげずに努力するきな子を見習って私も頑張りたいと思いました」
 とくるのかなと思いますよ。
 ところが中元すず香はまったく違う方向に

 『さくら学院』は、そんな時におたがいを支えあって
一緒に成長できるユニットになりたい!と思いました。

 もうね。なんと言ったらいいのか。
 ここでさくら学院がでてくるという。
 それも、さくら学院で頑張りたい。ではなく
 そんなときにお互いを支えあいたい、とな。
 そうなんだね、すぅちゃん
 結果をだすことが大事なのではなく
 たとえ結果がでなくても、仲間を信じ、助け合いながら
 手を携えて歩んでいく、その過程が大事なんだね。。。

 もうこの時点でさくら学院のコンセプトを考えた人も本望でしょう。
 ステージにたちたい。CDをだしたい。売れたい。
 でも中元すず香は「一緒に成長できるユニットになりたい」という。
 中元すず香からそう言われたら、学院という見せ掛けのコンセプトも本物にかわらざるを得ないのです。

 

 この頃、さくら学院はいきなり壁にぶつかっていた可能性があります。
 2015年の日誌で水野由結がこんなことを語っています。

メンバーに選ばれた時、“さくら学院”というグループ名が
決まった時は本当に嬉しかったです。とあるレコード
会社さんにプレゼンし、ダメだった事もありました。
まだまだこんなんじゃダメなんだという厳しさも知り
ました。だからこそ『夢に向かって』でデビューが決ま
った時の喜び、TIFでの初ステージは今でも忘れられ
ません。
 http://ameblo.jp/sakuragakuin/theme-10025556095.html

 少女たちは生みの苦しみを味わっていたのです。
 この逸話の時期はいつのことか定かではありません。実際はもう少し後ろの時期かもしれません。
 ですが、結成からデビューするまで様々な壁が少女たちの前には立ちはだかっていたことでしょう。

 ステージにたちたい。CDをだしたい。売れたい。
 現実の厳しさを知り「まだまだこんなんじゃダメなんだ」と唇を噛みしめたであろう少女たち。
 しかし中元すず香は「一緒に成長できるユニットになりたい」という。
 泣けます。

 この映画を観て、きな子に元気をもらったので
きな子にも頑張って夢を叶えてもらいたいです!
 ガンバレ!きな子!!

 

 

 自分ももういい歳なのでたいていのことには騙されないつもりでいますが
 もし仮に、中元すず香が絵を売りにきたらころっと騙されて買うかもしれない。
 中元すず香のこの魔法のような表現力は3年間続きます。
 リアルタイムで更新を見ていたかたは楽しみで楽しみで仕方なかったことでしょう。

 

 

www.youtube.com