広島のすぅちゃん

BABYMETAL中元すず香の軌跡をたどる

830 さくら学院オープンキャンパス学校説明会 中元すず香の3つの顔を表現した作品が秀逸

 

 2011年11月23日(中学2年生、13歳)、さくら学院の「オープンキャンパス学校説明会」が東京代々木は山野ホールで開催されました。

f:id:pierofw:20160902015735j:plain

出典:https://www.barks.jp/news/?id=1000075124


 様々なメディアが概要を報じてますが、注目すべきは日テレや日刊スポーツなども報じているところ。
 いよいよさくら学院の広告活動がメジャーな動きになってきました。

・報道記事
 http://www.oricon.co.jp/news/2003975/full/
 https://www.barks.jp/news/?id=1000075124
 http://www.news24.jp/entertainment/news/1620203.html
 http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20111123-867512.html
 http://www.hotexpress.co.jp/news/111124_sakuragakuin/index.html
 http://mdpr.jp/music/detail/1159653

 ・当日の様子を伝えるブログ
 http://d.hatena.ne.jp/crossroad_2010/20111123/1322030399
 http://ameblo.jp/saraota/entry-11087162303.html
 http://ameblo.jp/amechap/entry-11087322512.html
 http://littlewing2007.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/20111123-in-483.html
 http://d.hatena.ne.jp/moteci/20111125/1322171891
 http://blog.livedoor.jp/yakushimaruhiroko/archives/51961002.html
 http://meijin.blog.so-net.ne.jp/2011-11-23
 2011/11/23 「さくら学院オープンキャンパス」感想 | Hilo 0 Asian Pops & Idols

 

【内容・セットリスト】
1 森先生、メンバー登場、自己紹介と意気込み
2 校則発表
3 初代校長発表(倉本美津留登場)
4 公開授業説明VTR
5 さくら学院のマスコットキャラを決める公開授業(小島よしお登場)
6 「ベリシュビッッ」PV
7 「ベリシュビッッ」披露
8 ミニライブ
 「FLY AWAY」「FRIENDS」「夢に向かって」

 ユニバーサル移籍に伴ってファンのあいだでは様々な憶測が生まれましたが、説明会ではこれまでのさくら学院コンセプトを進めるかたちでの活動が発表され、概ね好評だったようです。

 会場に入ると先ずは「生徒一人一人が作った展示物がお出迎え!!各メンバーの個性が溢れる作品でしたね♪」さくら学院応援団イベントリポートより)
 各作品名は生徒自身の名前。自らはどういう存在なのかを表す個性あふれる作品がファンを出迎えたわけですが、中元すず香の作品がこれ

f:id:pierofw:20160902015713j:plain出典:http://ameblo.jp/amechap/entry-11087322512.html

f:id:pierofw:20160902015921j:plain出典:http://d.hatena.ne.jp/crossroad_2010/20111124/1322144745

f:id:pierofw:20160902020153j:plain出典:http://d.hatena.ne.jp/crossroad_2010/20111124/1322144745

 作品の説明文にはこう書かれていました。

秋は草木が色とりどりに変わりゆく季節。
日本屈指の紅葉の名所、安芸の宮島をもつ広島に生まれ育った彼女は、もみじを自らの成長に重ね合わせて言葉を紡いだ。
これほどまでに「中元すず香」を表現している作品があるだろうか。

 まさに・・・
 この作品は、①すぅちゃん、②さくら学院中元すず香、③重音部BABYMETALのSU-METAL、を表した3部作なわけですが、中元すず香が3つの立場をどのように捉えていたかを見事に表している作品かと思います。
 この作品について言及することは山ほどありますが、すぅちゃんカードは宮島の紅葉に宮島土産のもみじ饅頭と、私のルーツは広島なんだと語りかけてくるようです。

 中元すず香自身はこの作品についてこのように語っています。

 3つのテーマをそれぞれつくって、普段の自分、さくら学院の自分、重音部の自分っていう風にテーマをつくったんですけど、その中で一つずつ詩を書いていって、始めはどうなるかなと思ったんですけど、でもこういう風な作品ができあがって、たぶんこれは自分にしかできないことなんだろうなって思います。
 宮島のほうにもみじをとりに行ってきたんですけど、落ちてるもみじから綺麗なものを探すのってすごい難しくてすごくたいへんでした。
 自分の書いた詩でなんか少しでもなんか心にそういうのが響いてくれたら嬉しいなって思ってます。
 さくら学院SUNより

 
1 森先生、メンバー登場、自己紹介と意気込み

f:id:pierofw:20160902020413j:plain出典:http://www.hotexpress.co.jp/news/111124_sakuragakuin/index.html

 

2 校則発表
  さくら学院に校則ができました。

f:id:pierofw:20160902020454j:plain

出典:http://www.sakuragakuin.jp/kousoku/

 ・アイドルを超えた、スーパーレディになる!
 ・個性を全開する!
 ・自分を信じられる自分になる!
 ・ちゃんと愛を届ける!
 ・ひとりじゃできない!
 ・つかうのは心!
 ・卒業まで常に完全燃焼する!

 校則というより校訓・目標という感じでしょうか。
 素晴らしい目標の数々でありますが
 ここでついにスーパーレディの言葉がでてきました。


 スーパーレディがなんぞや?というのはスーパーもあちゃんとはなんぞや?と同等のたいへん難しい命題であり、学院生活を通じて自分で発見していくものというのが無難な答えなのかとは思いますが、端書きにあるマリリン・モンローの言葉が「お金が欲しいんじゃない。ただ、素晴らしい女になりたいの」なので「素晴らしい女」と解することもできます。

 ちなみにマリリン・モンローが本当にこんなことを言ったのかと(ちょっと引っかかったので)調べてみました。原文は
 「I don’t want to make money, I just want to be wonderful.」
 彼女はladyとかwomanとか言ってないですね。「素敵になりたいだけ」って感じでしょうか。
 今の時代ならそんな風に訳されていると思います。この言葉がいつ「女」と訳されて伝わったかはわかりませんがそう訳されてしまった時代背景を感じます。

 

 校則のなかで、すぅちゃんが好きな言葉があるとのこと。それは「つかうのは心!」の端書きにあるマザー・テレサの言葉

ーーーこんな面白い校則があるというのがあったら教えてください。
中元すず香)私が好きなのは「大切なのはどれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけ心を込めたかです」というマザーテレサさんの名言がすごい好きで。だから、ママがそれを書いてくれて、さくらのスタンプとか貼ってくれて、紙に書いてそういう額縁みたいなのに入れていまトイレに飾ってあって。それを朝見ながら、あぁ今日も頑張ろうっと思えるんですよ。
 2012年9月1日 bayfm「POWER COUNTDOWN JAPAN HOT30」より

 まごごろを大切にする中元すず香。そのような美しい心はお母さまから受け継いでいることもわかる逸話ですね。

 このマザーテレサの言葉も調べてみました。すると、インターネットで検索した限り、これに対応する英文は見つけることができませんでした。
 いったいどういうことでしょうか?ちなみに近いものとして見つけたのは

 It is not how much we do, but how much love we put in the doing.
 It is not how much we give, but how much love we put in the giving.

 大切なのは、どれだけ多くのことをしたかではなく、それをするのに、どれだけ愛をこめたかです。
 大切なのは、どれだけ多くを与えたかではなく、それを与えることに、どれだけ愛をこめたかです。

 さくら学院の校則に記された言葉がもしこの原文の意訳だとしたら、ちょっと印象がかわりますね。

 

3 初代校長発表(倉本美津留登場)
  放送作家の倉本さんが校長に就任することが発表されました。

f:id:pierofw:20160902021115j:plain出典:http://www.hotexpress.co.jp/news/111124_sakuragakuin/index.html

 なぜ倉本さんなのかというのはVTRで紹介され、翌日にそのVTRもさくら学院職員室から公開されたので以下の動画をご覧ください。

www.youtube.com

 

4 公開授業説明VTR上映
  ここで「教室エンターテイメント」というコンセプトが発表されました。
  こちらのVTRも上の動画に収められています。

5 さくら学院のマスコットキャラを決める公開授業(小島よしお登場)

6 「ベリシュビッッ」PV上映

7 「ベリシュビッッ」初披露

f:id:pierofw:20160902021339j:plain出典:http://www.hotexpress.co.jp/news/111124_sakuragakuin/index.html

 曲後のMCでは、2012年1月~3月、東京MXテレビでレギュラー番組出演が決定したことも発表されます。ついにさくら学院もテレビに進出ですかあ。

 

8 ミニライブ
 「FLY AWAY」「FRIENDS」「夢に向かって」

f:id:pierofw:20160902021531j:plain出典:http://www.hotexpress.co.jp/news/111124_sakuragakuin/index.html

 

 約1時間半に渡って行われたオープンキャンパスですが帰りには嬉しいお土産がありました。

 学校案内パンフレット

f:id:pierofw:20160902021627j:plain

f:id:pierofw:20160902021655j:plain

f:id:pierofw:20160902021718j:plain

f:id:pierofw:20160902021740j:plain


 また、会場では「FRIENDS」CDが会場限定で販売されました。

f:id:pierofw:20160902021844j:plain
●イベント会場限定ワンコインCD「FRIENDS」
さくら学院 イベント会場限定CD「FRIENDS」 価格:¥500(税込)
※収録曲:「FRIENDS」1曲のみ。

 

 開校して1年半、さくら学院のコンセプトは確立され、活動の場をさらに広げていくことが明らかとなりました。武藤彩未ら中学3年生の活動期間はあと数か月。メンバーたちは残りの数か月間を全力で駆け抜けていきます。

 

 

 

 

おまけ 日本の歌姫シリーズ
渡辺美里 My Revolution (1986)

www.dailymotion.com