広島のすぅちゃん

BABYMETAL中元すず香の軌跡をたどる

940 BABYMETAL初単独ライブ「15分一本勝負!!~見えづらっくってゴメンなさい!!~」


 中元すず香中学3年生の春はBABYMETALで幕が開けました。
 BABYMETALにとって特筆すべきライブが続きます。

 

 2012年4月6日、BABYMETALは「BABYMETAL × キバオブアキバ」発売記念インストアイベントタワーレコード渋谷店B1 STAGE ONEにて開催します。

◆イベントタイトル:「BABYMETAL × キバオブアキバ」発売記念インストアイベント「15分一本勝負!!~見えづらっくってゴメンなさい!!~」

◆開催日:2012年4月6日(金)
◆入場時間:18:30
◆開演時間:19:00
◆会場:タワーレコード渋谷 B1F「STAGE ONE」
◆出演:BABYMETAL(キバオブアキバの出演予定はございません)

【イベント参加方法】
タワーレコード渋谷店にて、3月7日発売シングル「BABYMETAL×キバオブアキバ/BABYMETAL×キバオブアキバ」をお買い上げの方に先着で入場予備券を配布致します。
 (CD1点につき1枚の入場予備券を配布、CDは1度に2点までご購入頂けます。)

 引用:http://www.sakuragakuin.jp/news/single.php?id=182

 BABYMETAL初単独イベントの地はタワーレコード渋谷店「STAGE ONE」。キャパは約300。
 BABYMETALの聖地として鹿鳴館やShibuya O-EASTが挙げられますが、タワレコ渋谷「STAGE ONE」もその一つに加えてもいいのではないでしょうか。それぐらい伝説級のライブになりました。

 

 まず、このライブはなんとニコニコ動画で生配信されました。
 BABYMETALはニコニコ生放送のチャンネルを持っていたんですねぇ。

f:id:pierofw:20160924063625j:plain

 http://ch.nicovideo.jp/babymetal

 ちなみに放送されたのはこの1回きりのようです。

 

 視聴者は約1,000人。

f:id:pierofw:20160924064025j:plain

  http://live.nicovideo.jp/watch/lv88258592

 この1,000人と会場に集まった300人が伝説の目撃者となりました。

 

LIVE前のBABYMETAL

twitter.com

 

 会場には謎のガイコツが

f:id:pierofw:20160924064224j:plain

 ガイコツが登場したのはここが初めてになるでしょうか。彼らはLIVEが始まるとカメラ撮影隊になったそうです。

 

セットリスト
1 イジメ、ダメ、ゼッタイ
2 いいね!
3 ド・キ・ド・キ☆モーニング
 アンコール
4 君とアニメが見たい

当日の様子を伝えるブログ
http://littlewing2007.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/201246babymetal.html
http://d.hatena.ne.jp/crossroad_2010/20120406/1333721219
http://ameblo.jp/dijnopistol/entry-11215753021.html
http://anliiin.jugem.jp/?eid=43
http://iks03.hatenablog.com/entry/20120406/1333728738
http://a-yaa.hatenablog.com/entry/20120407/1333793506


1 イジメ、ダメ、ゼッタイ
 なんとオープニング曲がIDZ
 しかしこの曲は生放送されません。

 2 いいね!
 ここから放送が始まります。

www.dailymotion.com

 録音されたボーカルを吹き飛ばすようなBABYMETALの歌声が響きます

 3 ド・キ・ド・キ☆モーニング
 イントロで「ちょ待って。ちょ待って。いま何時?え?もう最後の曲なの?」とMC風のセリフが入りました。

 アンコール後
 「アンコールありがとうございま~す」
 「皆さんもぜひ一緒に盛り上がってください」といったMCが入る

 4 君とアニメが見たい
 初めて「君とアニメが見たい」が披露されました。
 この曲では荒ぶるもあちゃんがすごい勢いで迫ってくるのが印象的。
 「君とアニメが見たい」はキバオブアキバの「Animation With You 」のカバー曲ですが、BABYMETAL風にアレンジもされています。

ーーーこの曲はYUIMETALもMOAMETALも大フィーチャーされているよね。「いいね!」よりも長いでしょ。覚えたりするのに苦労した?
SU-METAL SU-METALが最初にレコーディングしていたんですけど、二人の部分を「これどうするんですか?何をするんですか?合いの手とか原曲なかったですけど、どうするんですか!?」って聞いたりしたんですよ。そしたらKOBAMETALが「全然決まってない。まだ未定だよ。二人が来たら決める」って(笑)。だからSU-METALはその後のことを知らないんですよ。
MOAMETAL そうだ!キバオブアキバさんの曲を聴いても合いの手とか全然入ってなかったんだ!
ーーーMOAMETAL、あまり記憶ないでしょ?(笑)
MOAMETAL (笑)。キバオブアキバさんの曲を聴いたときに合いの手が全然入ってないんですよ!何か男の人が歌ってるなっていう。二人の歌うところない!って思ってたんですよ。それで、レコーディングに行ったら「好きなように合いの手を入れてみて」って言われて、自分たちで好きなように合いの手を考えたんDEATH!「腹ペコちゃん♪」とか。
YUIMETAL 言ってた!
MOAMETAL KOBAMETALから「自分たちでお腹が空いた時にどんなことを言う?」って言われた時にリズムに合わせて考えたりした。この曲が自分たちで考えたきっかけかもしれないDEATH!
 ヘドバン(vol.1)より

 のちに「4の歌」という名曲を生み出すゆいもあですが、KOBAMETALが昔から2人のアイデアをリスペクトしていた(頼っていた?)ことがわかります。

 初単独ライブでBABYMETALは最後に「See You♪」ではなく「サンキュー♪」で締めて鮮やかに去っていきました。

 


 会場ではBABYMETAL初となるTシャツ「Mosh'sh T-shirts」が販売された。

f:id:pierofw:20160924065052j:plain出典:BABYMETAL公式HP

 なお、「Mosh'sh T-shirts」は後に通信販売もされるが、アミューズ商品としてではなく「toy's hop」というトイズファクトリー関連ブランドとして販売されたことも特筆すべき点でしょうか。
 参考:https://www.toys-hop.com/all-item/babymetal/th0003.html

 

 また、会場ではチラシも配布されました。

f:id:pierofw:20160924065153j:plain

f:id:pierofw:20160924065216j:plain

f:id:pierofw:20160924065247j:plain出典http://littlewing2007.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/201246babymetal.html

 

 

 さて、参戦されたかたのレポを拝見するにモッシュが発生したと書かれています。
 映像をみるに、自ら体をぶつけあう意図的なモッシュではなく、前方に押し寄せる圧力がすごいための押し合いへし合いという感じだったとは思うのですが、現場にいたかたはモッシュが起こったと。

 そして、とにかく見えなかった。とくにゆいもあは視界ゼロ。ほとんどはモニターを見ていた。それでも楽しい。というものが多かったです。

 
 BABYMETALは初単独ライブにして現在まで続くライブスタイルを確立してしまった。

モッシュがおこるような激しいライブ
②見えないけど楽しい

 

 ファンが押し合いへし合いするようなライブでBABYMETALの姿が見えないのに楽しいと思わせるライブ。
 これはBABYMETALの力もさることながら、観客自身の力も大きいでしょう。
 Are you ready to mosh?と煽るBABYMETAL側の意図に乗りつつ、周りに不快な思いをさせないよう楽しい雰囲気づくりを心掛けたファンがいてこそ。
 現在に続くBABYMETALの楽しいライブは当時の素晴らしいファンたちの協力があってつくりあげられていった。