読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島のすぅちゃん

BABYMETAL中元すず香の軌跡をたどる

1100 BABYMETAL対バンライブに登場

 

 2012年8月20日BABYMETAL渋谷WWWで開催された「SuG LIVE BATTLE 2012“LIVE! TOWER RECORDS DAY”「-SuG VS たむらぱん VS BABYMETAL-」」に出演しました。

 いわゆる対バンライブです。
 SuG(さぐ)というビジュアル系ロックバンドが「SuG LIVE BATTLE 2012」と題し、8月に対バンライブシリーズにチャレンジしてました。

SuG(さぐ)

f:id:pierofw:20161119062246j:plain

2006年に結成された5人組ロックバンド。
結成当初より「HEAVY POSIVIVE ROCK」というコンセプトを掲げ、前向きなメッセージを乗せたキャッチーな楽曲で人気を博す。
2010年1月、シングル「gr8 story」でメジャーデビュー。メンバー全員が作曲を行い、作詞とそれに基づいた世界観、PV、衣装などのアートワーク全般を武瑠(Vo)が手がける。
 http://natalie.mu/music/pp/babymetal02より引用

<SuG LIVE BATTLE 2012>
●「-SuG VS 少年カミカゼ VS撃鉄-」
8月13日(月)
@渋谷WWW 開場/開演:17:30/18:00
出演者:SuG/少年カミカゼ/撃鉄

●"GOOD★COME" PRESENTS 「-SuG VS JOKER- 」
8月16日(木)
 @代官山UNIT 開場/開演:17:30/18:00
出演者:JOKER/SuG

 ●“LIVE! TOWER RECORDS DAY”「-SuG VS たむらぱん VS BABYMETAL-」
8月20日(月)
@渋谷WWW 開場/開演:18:00/18:30
出演者:SuG/たむらぱん/BABYMETAL

●「-SuG VS (赤・ω・飯)- 」
8月27日(月)
 @渋谷WWW 開場/開演:17:00/17:30
出演者: (赤・ω・飯)/SuG
 https://www.barks.jp/news/?id=1000081885

 4ライブ行う「SuG LIVE BATTLE 2012」の一角としてBABYMETALに声が掛かった模様。BABYMETAL出演日のみタワレコの名前が冠されてるのでタワレコ経由で話しが来たのかもしれません。
 ロックバンドとの対バンイベントは、1月の「WOMEN'S POWER 20th Anniversary」以来2度目。しかしその間に「アイドル横丁祭」や「POP'n アイドル」そして「サマソニ」も経験し、余裕を持ってイベントに臨めたのではないでしょうか。

 

 会場の渋谷WWWのキャパは約450。
 BABYMETALはたむらぱん(女性シンガーソングライター)に続き2番手で登場。

 当日の模様を伝える記事・ブログ
 ・http://ure.pia.co.jp/articles/-/8491?page=3
 ・http://d.hatena.ne.jp/crossroad_2010/20120821/1345558513
 ・http://natalie.mu/music/news/75360
 ・https://www.barks.jp/news/?id=1000082980
 ・http://tower.jp/article/news/2012/08/28/n04

 SEの「ワルキューレの騎行」をバックに今回は3人ともBABYMETALフラッグを掲げて登場。
 1曲目に入ろうとするとき、突然音が途切れるというハプニングが。
 騒然とする場内。
 それでもBABYMETALは表情ひとつ変えず、旗を振り続けたという。
 このときのBABYMETALの泰然自若ぶりは初見のライターさんも相当感銘を受けたよう。

登場時に起きたSEが鳴らなくなるというトラブルにも一切動じず(ここはファンのオイオイコールによるサポートがGJでした)息つく間もなく楽曲を連打。最後にそっけなく自己紹介をしてステージを去った3人の“BABYMETALというキャ ラクターの完遂っぷり”に痺れました。
 ウレぴあ総研」編集部 篠崎聡さんhttp://ure.pia.co.jp/articles/-/8491?page=3

 結局SEははじめから流し直したたそう。また、いいね!を歌い終わったあとにまたいいね!のイントロが流れるなどこの日は音響トラブルに見舞われた。


1. ド・キ・ド・キ☆モーニング

f:id:pierofw:20161119062941j:plain出典:http://natalie.mu/music/news/75360


2. 君とアニメが見たい~Answer for Animation With You

f:id:pierofw:20161119063226j:plain出典:http://ure.pia.co.jp/articles/-/8491?page=3
(この写真、何の曲のときのものかわからなかったのでここに貼っておきます)

 

3. いいね!

 

4. イジメ、ダメ、ゼッタイ

f:id:pierofw:20161119063426j:plain出典:http://natalie.mu/music/news/75360

f:id:pierofw:20161119063456j:plain出典:http://ure.pia.co.jp/articles/-/8491?page=3

 

5. ヘドバンギャー!!

f:id:pierofw:20161119063635j:plain出典:http://ure.pia.co.jp/articles/-/8491?page=3

 この日のクライマックス。間奏部分で1段目の客が一斉に総土下座状態になったとのこと(渋谷WWWの客席は5段ぐらい段差があり、それぞれ前方柵で区切られている)。これはさすがに後方で見ていたSuGファンのお姉さんがたも大うけ(失笑?)だったらしいw あぁやばい土下座ヘドバンしたくなってきた…

 

f:id:pierofw:20161119063749j:plain出典:http://natalie.mu/music/news/75360

 最後に「私たちBABYMETAL DEATH! See You!」でステージを颯爽と去っていった。

 

 この日はBABYMETALファンが相当詰めかけていたようで、続いて登場したこのイベントの主催者でもあるSuGが「“SuG METALデス!”とキツネ・サインを出したのに続く武瑠のMCは“最初に一言言わせてください。帰らないでください!”」と言うほどだった。https://www.barks.jp/news/?id=1000082980参照)

 また、BABYMETALの前に登場したたむらぱんもこんなことを

--トップバッターで登場し、BABYMETALファンに「別に私がずっと出ててもいいんだよ」と嘯くシーンは上手いなと思いました。
たむらぱん:(笑)。私、BABYMETALちゃんに対しては本当に後悔していることがひとつあって、開演前に彼女たちが挨拶してくれたんですよ。ポーズを決めて「SU-METAL DEATH!!」って。それをなんで私はステージでやらなかったんだと!
--(笑)
たむらぱん:普通に挨拶しちゃった。そこだけが……あれをやっていたら盛り上がったんだろうなと思うと、心残りなんですけど。あれだけはいつかリベンジできたらなと思ってるんですけど。
 http://www.billboard-japan.com/special/detail/356

 この頃からロックイベントでもBABYMETALファンの存在感が相当大きくなってきていることがわかります。

 

 ライブ後のベビメタ

twitter.com

 


 2012年8月25日,26日、さくら学院サマースクール2012開催。

さくら学院 サマースクール2012
■8月25日 
会場:スペースFS汐留
内容:『社会科見学』映像講義、トークイベント
講師:明和電機 土佐信道社長先生
(土佐 信道プロデュースによる芸術ユニット。青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、様々なナンセンスマシーンを開発。魚をモチーフにしたナンセンスマシーン「魚器(NAKI)」シリーズやオリジナル楽器「ツクバ(TSUKUBA)」シリーズ、音符の形の電子楽器「オタマトーン」など制作多数。来年2013年に活動20周年を迎える。)

1時限目(開場12:30 / 開演13:00)
 出演:堀内まり菜飯田來麗磯野莉音野津友那乃
2時限目(開場15:00 / 開演15:30)
 出演:杉﨑寧々、佐藤日向水野由結杉本愛莉鈴
3時限目(開場17:30 / 開演18:00)
 出演:中元すず香菊地最愛田口華大賀咲希
-------------------------------------------------------------------------------------------
■8月26日 
会場:スペースFS汐留
内容:『世界一周の旅』授業、トークイベント
講師:南まい先生
(女ひとり旅で、世界約60カ国、100ヶ所以上の世界遺産バックパッカースタイルで巡り、510日間かけて世界一周を達成!旅行記『独女世界放浪記』を出版 後、現在は、タレントとしてTV出演、旅番組レポーター、イベントでのトークライブ、世界一周堂主宰「世界一周スクール」特別講師などを行っている。)

1時限目(開場12:30 / 開演13:00)
出演:飯田來麗佐藤日向水野由結田口華
2時限目(開場15:00 / 開演15:30)
出演:中元すず香、杉﨑寧々、大賀咲希杉本愛莉鈴
3時限目(開場17:30 / 開演18:00)
出演:堀内まり菜菊地最愛磯野莉音
野津友那乃は、『課外授業』により欠席となります。予めご了承ください。

  http://www.sakuragakuin.jp/news/single.php?id=262


〇8月25日、『社会科見学』 講師:明和電機 土佐信道社長先生

 講師とありますが、今回は講師は登場せずに事前に収録された映像が上映され、その後、森先生によるトークという形式でした。

 映像については後ほど公開されています。

f:id:pierofw:20161119064741j:plain

 この中で、発想力を磨いて商品化のアイデアにしようという企画があります。

B欄「今朝触ったもの」を列挙 ex.ふとん、靴、等
A欄「おかしな」を加える
C欄「おかしな○○」からイメージするものを記入
D欄 C欄にある2つの言葉を組み合わせてイメージするものを記入

 言葉にすると実にややこしいお題です。
 で、中元すず香のこのフリップ。

f:id:pierofw:20161119064856j:plain

 CD欄は発想力を活かした欄なのでさくらメンバーそれぞれかなり個性がでているのですが、すぅちゃんのを見て「ほぉ~」と思ったのがB欄。他の生徒は、ふとん、ヨーグルト、歯ブラシ、靴 等、我々凡人でも連想できるものを記しているのですが、中元すず香はさすがに独創的だなあと。

 映像では最後に明和電機社長がこの企画の趣旨を述べます。

 たぶんみんな人に見せるまでは恥ずかしかったと思うんですけど、見せたら意外にいけるじゃんと思いませんでした?
 自分の恥ずかしいところは実は人が一番おもしろいところだったりするので、そういうところを見せていくと人もおもしろく感じてくれます。
 自分のちょっと人に見せたくないけど、自分らしさ、おもしろいところっていうのは実は武器になるということを覚えといてください。

 公開授業というのはチャレンジングな企画だと思いますが、ここで教わった教えを活かすも殺すも生徒次第。多くのさくら学院生にこの教えはいかされ舞台で自分をさらけ出すということができているのではないでしょうか。

 公開授業ではこれとほぼ同じことを森先生の司会で再度チャレンジしたようです。
 すぅちゃんが発表したのはこれ。

すぅは、"かわいい!"とか"ブサイク!"とか
声をかけると顔が変わるおもちゃ
 http://d.hatena.ne.jp/crossroad_2010/20120825/1345903154

 当日の模様を伝えるブログ
 ・http://d.hatena.ne.jp/crossroad_2010/20120825/1345903154
 ・http://ameblo.jp/buddyblayzer/entry-11338222248.html
 ・http://blog.livedoor.jp/yakushimaruhiroko/archives/52000947.html
 ・http://littlewing2007.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/2012825-20123-i.html
 ・http://yaplog.jp/ichimanpiece/archive/288
 ・http://www.monomagazine.com/articles/moweb/2012/09/12/107/


〇8月26日『世界一周の旅』 講師:南まい先生

 今回も先ずはビデオ上映があり、倉本校長の進行のもと、生徒が世界の国々のことを調べて発表する模様が紹介されます(ビデオ収録は5月)

f:id:pierofw:20161119065838j:plain

 生徒の発表から「WONDERFUL JOURNEY」の歌詞に採用されたものがあることも紹介されます。

 さくら学院生はそれぞれ素晴らしい発表をするのですが、中でもゆいもあの発表は目を見張る物があります。特にもあちゃんの発表は、我々大人が聞いても非常に勉強になるだけでなく、最後にこんなことを言います。

f:id:pierofw:20161119065942j:plain

「ウミガメは必ず自分が生まれた砂浜に戻って産卵しにくるんだって。あたしたちさくら学院のメンバーもこのさくら学院をふるさとと思って何年たっても戻ってきたいなと思わされました。さくら学院もアリバダしようね」
 まあ、、、泣いてもいいですよね?

 で、すぅちゃんが紹介したのがウガンダ

f:id:pierofw:20161119070044j:plain

 内容はカットされているので詳細はわかりませんが「最貧国」「アフリカの真珠」という言葉をホワイトボードに書いています。すぅちゃんの性格を考えると、どんなことを話したか想像がつくような気がします。

 中元すず香を欠かさず見続けてきた「すぅ!」様は、彼女の発想は「博愛」と記しています。

   博愛 慈愛 母性

 すぅちゃんにだけでなくBABYMETALの3人に感じることです。
 現在のBABYMETALを見ていて感じるのは、みんなとてもよいお母さんになるだろうなということ。子どもを慈しみ、大いなる母性で優しく包み込むんだろうなあと。
 メタルなんていう激しいことをやってるいるけど、本質はみな深い母性をもった女性たち。とがったふりをした男どもを、どこかかわいいと思って慈しんでいるような気がします。
 そして野郎どもは本能的に彼女たちの慈愛を感じとり、はまってしまうのかもしれません。

 

 話しがついつい逸れてしまいました。
 公開授業のほうはビデオ上映のあと南まい先生が自分が世界一周した体験談をクイズを交えながら紹介。珍しく若い女性講師の登場に森先生がノリノリだったとかw

f:id:pierofw:20161119070353j:plain出典:http://ameblo.jp/mai-minami/entry-11339087329.html

 当日の模様を伝えるブログ
 ・http://ameblo.jp/mai-minami/entry-11339087329.html
 ・http://d.hatena.ne.jp/crossroad_2010/20120826/1345981959
 ・http://ameblo.jp/buddyblayzer/entry-11342034720.html
 ・http://yaplog.jp/ichimanpiece/archive/289
 ・http://blog.livedoor.jp/yakushimaruhiroko/archives/52001048.html

 


 こうしてさくら学院の夏休みは終わっていきますが、この夏も恒例のアミューズキッズの発表会が行われています。

f:id:pierofw:20161119070629j:plain出典:http://ciaogirl.net/?tdate=2012-9-5-539

 関係者にしか公開されないこの発表会の日付は不明なのですがおそらく8月下旬。
 さくら学院からは佐藤日向田口華が参加したことははっきりしているのですが、他のメンバーについてはわかりませんでした。
 ただ、日向ちゃんが「毎年さくら学院も参加させていただいてるこの発表会」(http://ameblo.jp/sakuragakuin/entry-11340279097.html)と記しているのでおそらく全員参加したのではないでしょうか。ちなみに日向ちゃんは英語の歌をソロで披露したそうです。

 当日の模様を伝えるブログ
 ・http://ameblo.jp/sakuragakuin/entry-11340279097.html
 ・http://ciaogirl.net/?tdate=2012-9-18-545
 ・http://ciaogirl.net/?tdate=2012-9-18-543
 ・http://ciaogirl.net/?tdate=2012-9-5-539