読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島のすぅちゃん

BABYMETAL中元すず香の軌跡をたどる

レッチリツアー@バーミングハム12/10に行ってきました後編

 

 12/10レッチリツアー@Genting Arena in バーミングハムについて記しています。前編はこちら

 
 前編はライブ開始前のことばかりで、ようやくライブについて記せます。

 ですが、

 あいかわらずライブの記憶がほとんどありません

 ほんっとすいませんw

 ライブが始まるまでのことはあれほど覚えているのに。なぜなのか。

 

 ということで、当日撮ったビデオを見ながらなんとなく覚えていることを記していこうと思います。たいしたこと書けないのでほんとすいません。

 

 おなじみのナレーションが始まり、いよいよBABYMETALのライブが始まりました。

 

1曲目 BABYMETAL DEATH
 
デーー デー デー↑ー デー↓ デ、デーー
 BABYMETAL DEATHのイントロがかかりBABYMETALがタオルをほっかむりしてキターーー!!

www.dailymotion.com

 頼むぜベビメタちゃん。このアウェイ感をなんとかしてくれ!
 自分はBABYMETAL DEATHが大好きなんで、今までのライブではイントロがかかった時点で記憶がとんでしまうぐらい興奮してましたが、今回は離れたスタンド席から見ているということもあってか、固唾を呑んで見守るという感じ。


2曲目 あわだまフィーバー
www.dailymotion.com
 一緒にあわーあわーやりたかったけど、僕の周りは人も閑散。おまけに真後ろには親子連れ(小学校高学年ぐらいの男の子)がおり、なんか恥ずかしい気がしてあわーあわーを一緒にやる勇気がなかった。


3曲目 Catch me if you can

 いつも通り神バンドソロ演奏が始まる。
 僕はここぞとばかりに腕を振り上げる。
 なんかここでノルのは恥ずかしくないと思ったんですよねw

 あとから知ったのですが、このときLedaさんがレッチリの曲をやったそう。そのシーンをファンカムで見ましたが、Ledaさんのギターが始まった途端、首を振る人が続出している。どうやらこのあたりから潮目がかわったみたいだ。

 アウェイでも普段通りかくれんぼをし

www.dailymotion.com

 そこからのコール&レスポンス

www.dailymotion.com

 かくれんぼでのC&Rは初めて聞いたのですごく新鮮だったけど
 すぅちゃんがバーミングハムって言ったんです。
 ああぁ、すぅちゃんバーミングハムじゃなくてバーミンガムだよー
 するともあちゃんもバーミングハムとな。
 あらら、BABYMETALではバーミングハムとなってるわけね。。。とか思ってました。

 それと、このコール&レスポンスはえらい単純だなあとかも思ってましたよね。
 しかし、動画で見るともあちゃんの足ピョコピョコが異常にかわいいですのお

 

4曲目 メギツネ

 着物を羽織り再登場

www.dailymotion.com

 メギツネでそれそれそれそれ!と遠目から見ても大きな振りで踊るBABYMETAL。
 アウェイでも自分たちができることをやり切る。そんな風に感じてました。

 で、メギツネでの煽り

www.dailymotion.com

 この頃から観客の雰囲気がかわってきたかなあ。
 動画を見ても手拍子したり軽くジャンプしたりと観客の反応がよい。
 いま思えばこの頃から会場がうねり始めた気がします。ちょっとどのタイミングにそう感じたとかどの曲でとか確信が持てないんですけど、どこかの時点でそう感じたんですよね。なんとなく、、、山が動いたってこういことを言うの?って感じでしょうか。

 で、ふと思ったんです。2曲続けてのオーディエンスへの対話。
 これって、なんていうか、観客を盛り上げようとしているよね?
 やたらバーミングハムって連呼するし。

 

5曲目 KARATE

 で、KARATEです。もうこの頃には僕も周りに見られているとかそんな雑念がなくなり、ひたすらBABYMETALのパフォーマンスに見入っていました。
 繰り出す突き、蹴りになんか覚悟のようなものを感じます。
 なんの覚悟かはわかりませんがなんかそんな風に感じるんです。
 ズンズンくる重いギターの音に乗ってすぅちゃんの歌声がアリーナいっぱいに響く。
 なんか、、、すぅちゃん戦ってんなあ。こんなアウェイでそこまで頑張らなくてもいいんじゃない?そこまで無理する必要ないよすぅちゃん。
 そんな気持ちを打ち消すかのようにさらに伸びる声が耳に響いてくる。

 そしてバーミングハムにまた語り掛ける。How are you feeling tonight Birmingham?

 そこからの おーおーおぉーおー。

 素晴らしい歌声が天から降ってくる。すぅちゃんの綺麗な高音はいったん上にあがり、そこから降り注いでくるような感じがしました。たくさんのツアーに参加している人で同じくシート席だったかたに後で聞くと、Genting Arenaの音は非常に良かったと言ってました。
 天から降り注ぐすぅちゃんの美しい声は、耳から目に届いてなんか涙がでてきそうになってきた。


 え?俺泣くの?なんで?嘘だろ?

 

 嘘、まじ? そんなことを思っているうちに

 エビバディジャンプ!

 会場が少し揺れる。始めは微動だにしていなかったピットの2割?3割?いや5割?が体を揺すっている。

 はーーしれーー! で完全に涙腺崩壊。

 涙がこぼれ落ちます。

 

 不思議なもので、こぼれ落ちた瞬間に自分自身で色々悟りました。

 俺は感動してるんだな。
 感動して泣いているんだ。
 すぅちゃんもゆいちゃんももあちゃんも戦っているっていうか、、、ちょっと違うんだよな。
 俺は勝手にここがアウェイと思って、BABYMETALもアウェイと戦っていると思っていたけど。違うやん。

 彼女たちは会場を盛り上げようとしている。

 自分たちを見てください、聞いてください。気に入ってください、好きになってくださいっていうのはちょっと違う。
 前座としての役割、会場をあっためるってことを一番意識してるんだこれ。
 なんかすんげぇプロじゃん。プロフェッショナルじゃん。
 なのに俺はなんだよ。周りの目ばかり気にして。異国の地で縮こまっている。
 彼女たちは異国の地で、アウェイで、何にも臆することなく堂々と自分たちのやるべきことをやってるじゃないか。

 それまではなぜ自分が泣こうとしているのか混乱していたのですが、なんか一瞬でわかったような気がしたんですよね。


 KARATEが終わったあとに、涙をぬぐうことは全く恥ずかしくなかったです。
 こんなに感動させてくれるBABYMETALってまじすげえって感じでした。

 

 いま書きながら思うに彼女たちも前座という位置づけやアウェイの客の反応に雑念や葛藤は必ずあったんだと思うんです。
 でも僕が見たこの日のBABYMETALは前座という地位を受け入れ、前座としていかに役割を果たすのかに集中しているような気がしました。自分たちの歌を聞いてください。ではなく、お客さんに楽しんでもらうためにはどうしたらいいんだろう?と。
 色んなことを想像してしまいます。レディガガの前座や様々なフェスでの経験、そしてこのツアーでも、もっとお客さんを盛り上げるにはどうしたらいいんだろうと考え話し合ってきたのかなあ。ノリがいい曲がいいかな。たくさん話しかけて盛り上げたほうがいいかな。こんな風に話しかけたほうがみんなノリやすいんじゃないかな。こういうことが言いたいんだけど英語でなんて言ったらいいんだろ。

 そう思うとこのツアーの途中から始まったかくれんぼのコール&レスポンスがあんなに単純なのもわかるなあとか。

 

 

6曲目 ギミチョコ

 もうあがってしまった僕はノリノリです。
 するとどうですか。右隣に座っていた親子4人連れの中からキャーキャー声が聞こえてきました。どうやら高校生ぐらいの女の子が声を出しているようです。さっきまでおとなしかったのに。

 で、ギミチョコでもまた煽りがきました。
 こんどは「レッチリに感謝します」みたいなことを言います。
 ああ、それねそういうこと言っちゃうのね、、、

www.dailymotion.com

 ギミチョコも煽りがかわってました。
 チェケラちょこれーと♪ちょこれーと♪ちょ・ちょ・ちょ じゃなくて
 ぎみぃざちょこれーと♪ちょこれーと♪ちょこれーと♪  

 意味がわかる風にかえてるんですねぇ。

 

 ギミチョコ終わりにジャーーンと音が鳴って、あ、これで終わりなんだなとわかりました。
 イジメやって欲しかったですけど、ギミチョコをやってるときにそれはないってことはわかってました。時間的なことはもちろんですが、この流れで最後イジメはないなと。なんとなくだけどそう感じてました。

 

 楽しい雰囲気のまま終わったほうが前座っぽいよね。って感じでしょうか。

 

 こうしてBABYMETALは、煽りが入る曲を4曲続けて温めるだけ会場を温めて「次はレッチリの番ですよ~。またね~。」と言ってクールに去っていきました。

 

 会場が明るくなり僕の目に飛び込んできたのは後方まで埋まったピット。

f:id:pierofw:20161214073353j:plain

 よくこれだけの人を入れれたなベビメタちゃん!
 この日は土曜日ということもあり、お客さんの出足もよかったのでしょう。それでも前座でここまで埋めるっていうのはけっこうすごいことらしいです。頑張ったよなあベビメタは。まじよかった。

 

 

 これまで自分が参加してきたライブ2戦は、ピット前方部にいたということもあってか、衝撃・興奮のライブだったのですが、今回はスタンド席ということもあり、比較的冷静にライブを見ていたのでしょうか、初めて感動を味わうことができました。

 これまでもBABYMETALはアウェイでこういう戦いを繰り返してきたんでしょうね。レディガガの前座のときの映像も見ましたが、ほんとひどいもんですよね。

www.youtube.com

  こういう経験を経たBABYMETALがひとつひとつのライブを大切に頑張っている姿をメイトの皆さんは今まで見てきたんですね。アウェイで戦うってのはどういうことかを教えてくれたBABYMETAL。メイトの皆さんがBABYMETALになぜ涙するのか。その一端を垣間見れた貴重なライブ参戦となりました。

 

 

 

【補足】
 バーミングハムについては、なんとレッチリさんもそう発音してました。レッチリさんがバーミングハムと言ったとき、目が点だったのですが、すぅちゃん違うよ~と上から目線で思ってた自分がすげえ恥ずかしかったです。レッチリもBABYMETALもそう言うからにはバーミングハムが正しいw
(ちょっと調べたところアメリカにもBirmighamという町があり、アメリカ英語ではバーミングハムと発音するとのことでした)