広島のすぅちゃん

BABYMETAL中元すず香の軌跡をたどる

1350 中元すず香と堀内まり菜

 

 2013年3月9日、さくら学院「もしもしお悩み放送室」開催

ライブ・イベント 第1回さくら学院 もしもしお悩み放送室 開設記念イベントのお知らせ
さくら学院のメンバーが父兄の皆さんのお悩みや相談を、父兄さんの目の前で話しながら解決します。
さくら学院だからこそ出る答えや解決方法が出るかも!
ご応募お待ちしております。

【イベント詳細】
■日時:3月9日(土) ①部12:00~ ②部14:00~
■出演メンバー:
①部 中元すず香飯田來麗、杉﨑寧々、水野由結野津友那乃杉本愛莉鈴
②部 佐藤日向堀内まり菜菊地最愛田口華磯野莉音大賀咲希

■会場:都内某所 ※詳細は当選メールにてご案内致します。

【観覧参加方法】
タワーレコード新宿店、秋葉原店で、2月27日発売のさくら学院My Graduation Toss』(初回盤A、初回盤B、通常盤のいずれか1枚)をお買い上げのお客様を抽選で各回40名ご招待致します。

<問い合わせ先> ユニバーサルJ 03-6406-30501 

 http://www.sakuragakuin.jp/news/single.php?id=355

  このイベントはCDシングル「My Graduation Toss」を購入した人に参加資格があるので、販促イベントではあるのですが、参加できるのが一部あたり40人という。販促効果がそれほどあるとは思えず、当時のファンからは謎イベントとされていましたが、抽選に当選するために大量にCDを購入したかたもいたのかもしれません。
 会場は都内某所としか公表されておらず、また当日の模様を伝えるブログ等もないので詳細は不明ですが、イベントは、森ハヤシ先生の進行のもと、観客がさくら学院のメンバーに対し、悩みを相談し、メンバーが直接答えるという形式で行われ、参加できた人には忘れがたいイベントとなったようです。

 当日の様子は後日、ユニバーサルJYOUTUBEチャンネルでダイジェスト版が公開。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 公開された映像は全体の半分程度の内容だった模様

 

 ともあれ、中元すず香は上の動画の3つ目2:25あたりから悩み相談に応ずるわけですが、実に見事な対応を示します。
 すぅちゃんは悩みに対して先ずは思いっきり盛大に共感を示します。それも実に自然な姿で。
 もうこれだけで相談の目的の大半は達成されたと言っていいのではないでしょうか。

 中元すず香さくら学院の生徒会長となり、メンバーと個別面談しながら様々な悩みを聞いていたということですが、こんな風に相談に応じてくれるなら、みんな気安く相談できたんじゃないのかなあと想像させられます。

すぅちゃんは生徒会長に選ばれてから、いろんな子の話を積極的に聞くようになって。
由結に対しても、「今悩んでることある?」って言ってくれて、その悩み事を話したりしたんです
 写真集「さくら学院 菊地最愛 水野由結 田口華 野津友那乃 2015年3月 卒業」より

 

 

 2013年3月10日、さくら学院中元すず香堀内まり菜菊地最愛、FM放送・NACK5 「~IDOL SHOWCASE~ i-BAN!!」に出演

f:id:pierofw:20170914214553j:plain出典:http://www.fm795.com/smt/blog/1005/20130310181124.php

 この番組には以前BABYMETALで出演したことがあり、2度目の登場となりました。公開放送であるため写真のとおり多くのファンが詰めかけ、盛り上がったようですが、注目点はこのあたりでしょうか。(radio0310で検索)

・(まり菜ちゃん)「すぅくん、学校の靴下とレッスン着はかなりお気に入りなんすね」
・(泣いてしまった出来事は?)(すぅちゃん)「友達に無理やり乗せられたジェットコースターです」
・(誰にでも会える券が1枚。会ってみたい人は?)(すぅちゃん)「運命の人♪
・(もあちゃん)「(ジャンケンが)すぅちゃんがすっごい弱くて」←(すぅちゃん)「譲ってあげてるんですよぉ」

 じゃんけんが弱くてジェットコースターで泣いちゃって学校の靴下やレッスン服を普段着として着てきちゃう?すぅちゃんが会ってみたいのは運命の人!
 運命の人!(大事なことなので2度言いました)


 それにしてもさくら学院を振り返る話しをしているときに
 「辛いこともあったでしょ」と質問され
 「みんながいたから乗り越えられたのかな」とすかさず答えるすぅちゃん。

 そして堀内まり菜ちゃんが語尾に「~っす」を多用する理由が深い…

 

 


 同日2013年3月11日からは、タワーレコード渋谷店2F「TOWER RECORDS CAFE」でさくら学院クッキング部ミニパティ考案の『ミニパティミラクルパティフルハンバーガー手作り最強 好きな具を重ねよう ハンバーガーめしあがれ♡』を提供する企画が開始。
 なんのことかわかりにくいですが、要はタワレコ内にあるカフェでミニパティ考案のハンバーガーを食すことができるというもの。
 (参考:さくら学院連絡版 http://www.sakuragakuin.jp/news/single.php?id=372

 

 3月17日にはさくら学院全員で食事をしにいきました。

 

f:id:pierofw:20170914221724j:plain出典:杉崎寧々さくら学院日誌 https://ameblo.jp/sakuragakuin/entry-11495779773.html

 なんでこんなことを記すかというと、このときのすぅちゃん、えらいパリッとした服装で前髪もばっちりきまっていますよね。
 たいへん失礼ながら、すぅちゃんは私服※にはあまり頓着しない人ですので、なんでこのときはこうなんだろうな?とちょっとした疑問を抱いていたのですが、今回調べていてふと思い当たりました。

 

 f:id:pierofw:20170914221832j:plain出典:http://artist.amuse.co.jp/artist/nakamoto_suzuka/

 アミューズのHPに掲載されている中元すず香の写真、いわゆるアー写(アーティスト写真)です。
 この日に撮影した可能性が高そうです。
 アミューズHPの中元すず香のプロフィールページは最新情報が2010年でとまっていますが、写真は2013年3月から止まったままのようです。
 中元 すず香 - アミューズ オフィシャル ウェブサイト


※私服と推測している理由

 ①杉崎ねねどんの学院日誌に「サプライズで連れてってくれた」とあること
 ②皆、服装がバラバラであること
 ③中元すず香は姉・日芽香と洋服を共有している(勝手に着ていく)ことが知られているが、姉・日芽香もよく似た服を着ている写真があること
 f:id:pierofw:20170915193930j:plain出典:http://blog.nogizaka46.com/himeka.nakamoto/2014/02/016778.php?cp=50

 アーティスト写真を私服で撮るというのはにわかには信じがたいのですが、アミューズの他のキッズタレントのアー写を見ても、決して中元すず香が例外ではないようです。

 

 

 2013年3月11日~15日、中元すず香水野由結菊地最愛TVKテレビ神奈川)「saku saku」に登場。

 (参考:さくら学院連絡版 http://www.sakuragakuin.jp/news/single.php?id=370

3.11(月)
sakusaku 2013.03.11 義務教育期間限定ユニットさくら学院 ベビーメタル登場 

3.12(火)
sakusaku 2013.03.12 オリオン座を見つけると幸せになります さくら学院 BABY METAL登場

3.13 (水)
sakusaku 2013.03.13.2 ぱりんぱりんチョリン さくら学院 BABY METAL登場 

3.14(木)

www.dailymotion.com

3.15 (金)
sakusaku 2013.03.15.2 87年後は死んでるな.... さくら学院 ベビーメタル登場 


 この番組は、菊地最愛ちゃんの「歌いたい」発言がでたこともあり(3.13の動画)、なにげに重要なのですが、そのことには以前触れましたので、それ以外のポイントを。

・「最近、毎晩、空を見上げながら帰るのが日課です。オリオン座しかわかんないけど、見つけると幸せな気持ちになります。」(3.12の動画1:20~)
 すぅちゃんは空を見上げるのが好きなんですねぇ。


・最近楽しかったこととして水野由結ちゃんが「2月のバレンタインライブで父兄の皆さんが盛り上がってくれて嬉しかった」という趣旨のことを述べたのに対し、MCは「ライブってお父さんお母さんとか家族が見に来たりするんですか?」と質問。
 すぅちゃんはその質問の裏にあることを即座に理解し、さくら学院において「父兄」をどういう意味で使っているのかを説明します。(3.14の動画1:18~)
 このあたり、中元すず香は勘がいいんだなあと思わせてくれます。


 この動画群は放送日にそれぞれアップされているのですが、3.11の動画については、ぜひリンク先に飛んでみて、説明文をご一読ください。BABYMETALが世界征服を2013年1月の音楽番組で掲げたことは今でこそよく知られていますが、まだまだ荒唐無稽と一笑に付されていたような時代。信じていた人がいたんですね。

 

 

 

 2013年3月11日という日は色々あった日で、中元すず香堀内まり菜菊地最愛大賀咲希のインタビューがローチケHMVのHPで公開されているのですが、その中にこんな部分があります。

--(笑)じゃあ最後に堀内さんを。
中元-はい。堀内さんは、不思議ちゃんなんですよね、基本。
堀内-おー!
中元-(笑)。その、今年になって。それまではまり菜ちゃんとそこまで深い話をしたりって無かったんですけど、今年になって結構色々、生徒会長と副会長って感じでサポートして貰う事が増えて、話し合いをよく二人でするようになって。まり菜ちゃんが居るだけでほっこりするというか、なんか夫婦みたいな関係かな!

一同-(笑)
堀内-あ~~~。
中元-なんとなく奥さん系なほっこりした雰囲気を持ってるじゃないですか。
堀内-あ~、そうなんすね。
--聞き入れてくれるんですね。
中元-そうですね。すぅが凄い緊張してる時とかも、なんかまり菜ちゃんが穏やかに微笑んでるのを見るだけでほっこりするというか。なんか、本当にそういう役割かなって思いますね。さくらの中でも。
堀内-あ~~~。思いが伝わってたっすね!
一同-(笑)
--副会長になって意識が変わったりしましたんですか?
堀内-そうですね。去年とかは個人で目標とか決めて、がんばろう!って思ってたんですけど。でも、すぅちゃんが中3で一人っていうのもあって、余計みんなで話し合いとかする時に、意見をちゃんと聞いて欲しいって思ってる人が居るんだ、って初めて気付いて。それで話し合いとか、二人で居るだけで支え合える事とかも知ることが出来ました。
 http://www.hmv.co.jp/news/article/1302250071/

 中元すず香が生徒会長として輝くことができたのも堀内まり菜の支えがあってこそ。

 堀内まり菜の聞く姿

f:id:pierofw:20170914220549j:plain出典:http://www.hmv.co.jp/news/article/1302250071/

 

 夫婦のように互いを支え合った中元すず香堀内まり菜だが、その根底にはなにがあったのだろうか

ーーーお二人はさくら学院結成前から面識はあったんですか。
中元 アミューズのレッスンで時々会っていたよね。
堀内 実は私、ずっと可憐Girl'sのすぅちゃんを見ていたんですけど、体が細くて歌もうまくて憧れていましたね。実際にイベントとかも観に行っていたし。
中元 え~!
堀内 すぅちゃんのことが気になって動画を調べて曲を聴いたり、すぅちゃんが出たミュージカル『冒険者たち』の舞台も観に行かせてもらったり。
ーーー完全にファンじゃないですか(笑)。
中元 すぅが初めてまり菜ちゃんを見たのは、ミニパティのオーディションだったんですよ。その前に「まり菜は、がっつり歌ったり踊ったりするんだろうな」ってマネージャーさんとかが話しているのを聞いてどんな子なんだろうなって興味が湧いて。オーディションの本番ではタンバリンを持っていたよね?
堀内 持ってた~。
中元 それで、きらりちゃんの曲をキラッキラに歌っていて、オーディションなのに本番のステージを作っているみたいで輝いていて。スゴく楽しんでやっているなっていうのを覚えていますね。
堀内 そのときは、本物のすぅちゃんがいるって緊張していました(笑)。だから、さくら学院ですぅちゃんと同じ舞台に立つって言われたときは嬉しかったですね。
 アイドル最前線2013 (洋泉社MOOK) 2013年2月25日発売より

  なんと、堀内まり菜は可憐Girl'sの中元すず香をずっと見ていた。
 まり菜ちゃんはアイドル好きかつアニメ好きであることが知られていますが、昔憧れていたのがアニメ「きらりん☆レボリューション」の月島きらり役だった久住小春だったこともこのインタビューで述べています。
 「きらりん☆レボリューション」は2006年4月~2009年3月にテレビ東京で放送。可憐Girl'sが主題歌を歌った「絶対可憐チルドレン」も同じくテレビ東京で2008年4月~2009年3月に放送。
 久住小春月島きらり)に憧れていた女の子が、可憐Girl'sを知り、追いかけるようになるのは自然な流れなんでしょう。
 
 アニメ好きでアイドルが好きで可憐Girl'sの動画を漁ったりしていた一人っ子のちょっと内気な女の子は、イベントも観に行くようになり、そんなキラッキラなアイドルになりたいと思い、受けたアイドルユニットのオーディションにはその本人がいて。すっごく緊張したがついに夢をかなえてデビューしたステージはなんとその可憐Girl'sの任務完了式。追いかけてきた人とやっと同じステージに立てたと思ったらその人はその日に去ってしまった。それでもミニパティとして頑張りながら、1年にも及ぶレッスン兼オーディションを受け続け、その果てにできた新しいグループには、その人がいて。
 (えっと、これってドラマの脚本ですよね?)

 

 そんな堀内まり菜が「旅立ちの日に」のMVでドキモを踊り

f:id:pierofw:20160913030033j:plain

 2011年度の卒業式でMARINAMETALとしてドキモを歌い

f:id:pierofw:20160919082332j:plain

 そしてついには2012年度の公開授業で、中元すず香水野由結の重音部組を従え、ヘドバンギャー!!をセンターで踊った。

f:id:pierofw:20170916120846j:plain出典:https://ameblo.jp/sakuragakuin/entry-11485258945.html

 MARINAMETALはほぼ完璧にヘドバンギャー!!を踊ったそうです(参照:http://d.hatena.ne.jp/crossroad_2010/20130224/1361713632)。

 

 ずっと追い続けてきたすぅちゃんの演じるBABYMETALを堀内まり菜が完璧に歌い踊りこなすのはある意味当然だったんですね・・・
 水野由結武藤彩未のいる可憐Girl'sに憧れて、ついにはOver the Futureを中元すず香とともに歌った逸話も感動的ですが、ここにもまた別の物語がありました。

f:id:pierofw:20170916122047j:plain出典:https://ameblo.jp/sakuragakuin/entry-11399366721.html

 

 そして2012年春、その中元すず香が独りでもがいていた。

中元「最初、生徒会長になったばかりのころは『彩未ちゃんみたいにならなきゃいけない』って意識が強すぎたんですよね。レッスンが終わるたびに『今日は〇〇だったね』とか『気をつけて帰ってね』とかみんなにメールを送ったりしてたんですけど、なんか疲れてきちゃって(笑)」
森「へぇ、それは大変だよな」
中元「えへへ。毎回毎回マメに連絡しようとかひとりひとりのことを細かく見ようとしたんだけど。頑張ってるわりには効果がなくて。『自分だけが頑張りすぎてるな』って思いはじめた(後略)」
 G(グラビア)ザテレビジョン Vol.26 2013年3月16日発売より

 追い続けてきた人がいま目の前で苦しんでいる。助けを必要としている。

 堀内まり菜中元すず香を全力で支えようとしたのは、副会長だから、だけではなかったのでしょう。
 「夫婦みたい」と思える関係が築けたのは、堀内まり菜中元すず香に憧れに似た想いを持っていたからこそ。

 

 後年堀内まり菜が記した学院日誌にはそんな想いが行間からにじみ出てきます。

BABYMETAL武道館公演、無事に幕を閉じましたね
私達のあこがれである武道館にたどりついた三人。ステージで輝くBABYMETALは本当にキラキラしていて、わたしたちにとても大切なことをたくさん教えてくれました
命をけずってでも燃えつきない三人の魂が全身にひびいてきて…メタルって、熱いな!と思いました。
ライブのある意味や、音楽の力を改めて体感しました…♪
そして、すーちゃんの夢が叶ったこと。
夢のステージで輝くすーちゃんの姿をみて、自分も夢を大切にしようと思ったし、あきらめないでいれば絶対につかめるんだ!!とすーちゃんから学びました。
BABYMETALの活動が、本当にたくさんの刺激とパワーをくれます 私たちはこんな仲間がいて、本当に恵まれているなと思いました
わたしたちは、これからのBABYMETALを精一杯応援します!!
そして、父兄のみなさん。ずっと、一緒に見守っていましょうね

顔笑れ!! BABYMETAL!!

 2014年3月7日さくら学院日誌 https://ameblo.jp/sakuragakuin/entry-11786624980.html

 

 

f:id:pierofw:20170916122738j:plain出典:https://ameblo.jp/sakuragakuin/entry-11352560821.html

 夫婦のような2人が中心となって築き上げた2012年度さくら学院がいよいよ最後の時を迎えようとしています。






 


(2017年9月16日追記)
 この記事は当初アップしたものから大幅に加筆・修正の上、表題も変更しました。
 いただいているコメントと記事内容が合致しない部分があるのはそのためです。
 堀内まり菜さんとすぅちゃんの関係についてはいつか掘ってみたいと思っていた部分ですので、このたび書くことができて喜んでいます。ご協力くださいました方々に御礼申し上げます。