広島のすぅちゃん

BABYMETAL中元すず香の軌跡をたどる

1420 写真集発売記念イベント


 2013年4月7日中元すず香 写真集「さくら学院 中元すず香 2013年3月 卒業」 発売記念イベント@タワーレコード新宿店

中元すず香の写真集「さくら学院 中元すず香 2013年3月 卒業」発売記念イベントの詳細が決定しましたので、お知らせ致します。

【日時】4月7日(日)12:00~スタート
入場整列開始時間 11:30
集合場所 7Fエレベーター横階段

【会場】 タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース

【内容】 トーク&スペシャル企画
 http://www.sakuragakuin.jp/news/single.php?id=379

  中元すず香写真集の販売を記念してトークイベントがタワーレコード新宿で行われました。写真集を出版した近代映画社の販促イベントですね。

(当日の模様を伝えるブログ)
http://blog.goo.ne.jp/mask1970/e/8f7c6043e42e37f6c307c1945d0bd14f
https://ameblo.jp/waffle-b/entry-11523469781.html
http://yaplog.jp/ichimanpiece/archive/390
http://d.hatena.ne.jp/crossroad_2010/20130407/1365326453

 

 トークイベントとのことですが、司会が近代映画社の人でトーク力に不安を感じた観客は多かった模様。
 それを察してなのかどうなのか、司会のかたはすぐに出演者を呼び込みます。

「さっそくですが、もう出演者の方の準備が出来ているようなので呼び込みましょう、どうぞー。」

 中元すず香がでてくるのかと思いきや、まさかの森ハヤシ先生が登場。
 会場に集まった父兄たち(さくら学院のファン)も大喝采だったとか。

 先ずは森先生のトークから始まったイベントですが、すぅちゃんとはどういう人なのかと問われた森先生はこんなことを語ったそう。

(卒業式の時に振付のMIKIKO先生から聞いた話しとして)
「中元はリハーサルを流してやることができない不器用なやつで、リハーサルから歌もダンスも全力」

 この逸話は、後年MIKIKO先生自身がインタビューで話しているのでよく知られていますが、初出は、森先生を通して語られたんですね。初耳の父兄さんたちは相当印象に残ったようで皆記録に残してくれています。

 

 次に中元すず香が登場。
 卒業式のことなどを中心に話しが進む。

・ステージでは泣かないようにしていたが、やばくなったときはいつも笑ってる磯野莉音を見て耐えた
・ステージから捌けたとたんに大声で泣き出し、森先生も驚いた

 

 f:id:pierofw:20171005225223j:plain

 

 続いて、スクリーンに写真を映し出しながらトークは進行していきます。
(この日使われた写真は、その一部が近代映画社のHPに掲載されたため、できるだけ残しておきます)

f:id:pierofw:20171005224458j:plain

・リハで着ている愛用の白っぽいジャージは通気性が悪く、汗をかいてメイクが落ちてしまい、メイクさんによく怒られた。(汗をかきたいから着ていたと記しているブログもあり)

f:id:pierofw:20171005225319j:plain

 

・中元は引っ込み思案だったから生徒会長になるの心配していた。

f:id:pierofw:20171005225402j:plain

 

 

f:id:pierofw:20171005225521j:plain

 

f:id:pierofw:20171005225557j:plain
・TIF後に久しぶりにすぅちゃんを見た森先生は、「中元が体育会系になっていた」と驚いたそうです。

 終盤に森先生から中元すず香

スーパーレディーを前卒業生分もこれからのも作り続けて10年後くらいに同窓会ライブみたいなのを開いて、海外でも活躍してバリバリ英語を話せるようになった中元に”I name is SZUKA”を歌わせたい。
 http://yaplog.jp/ichimanpiece/archive/390

 非常に楽しい夢ですが、森先生がこのとき「海外で活躍」し、「バリバリ英語を話せるようになった中元」を予言しているのがすごい。

 

 中元すず香から森先生へ

公開授業で、書道や絵を描いた事が、自分を大きく変えた、とも話していました。それまで苦手意識があった事を、笑われてもいいと開き直ってやり遂げたことで、一皮剥けたそうです。
「森先生が、私の意識を変えてくれたんです!」
 http://blog.goo.ne.jp/mask1970/e/8f7c6043e42e37f6c307c1945d0bd14f

 森先生の目は潤んでいたそうです。まあ、そうなりますよね。

 

 他にも色々な話しがあったようですが、伝えている人の書きぶりもそれぞれですので、ここに記すのは控えておきます。(上に記したのは2つ以上のソースがあるものだけです。)
 他のエピソードも知りたいかたは上にリンクを貼っている各ブログをご参照ください。


 なお、後日、近代映画社が貴重な裏話をツイートしてくれていますので貼っておきます。(ツイートは消えてしまう可能性もあるので、重ねて転記もしておきます)

@BIGONEGIRLS
中元すず香卒業写真集制作話1/5。写真をセレクトするにあたり、3年間をまんべんなく振り返ることも考えましたが、すぅちゃんが「さくら学院で一番自分 を出せるのはライブ」と話してくれたので、すぅちゃんの輝きを伝えるために、卒業旅行以外は、あえてライブの写真を中心に選びました。

23:02 - 2013年4月8日

@BIGONEGIRLS
中元すず香卒業写真集制作話2/5。今回の写真集で、すぅちゃんが「この写真が好き!」と真っ先に選んでくれたのは、TIF2012の屋上ステージで『夢 に向かって』を歌っている写真。すぅちゃんの顔がマイクで隠れていたため、昨日のイベントでは使用しませんでしたけど > <。
23:02 - 2013年4月8日

@BIGONEGIRLS
中元すず香卒業写真集制作話3/5。卒業旅行は「すぅが生まれ育った街を皆さんに見てもらいたい」という本人の発案で広島に。路面電車とASH近辺での撮影も本人発案。ちなみに海は江田島市沖美、落ち着いた雰囲気の衣裳は尾道で撮影しました。
23:02 - 2013年4月8日

@BIGONEGIRLS
中元すず香写真集制作話4/5。広島のお好み焼き屋で初めて、お店の人が作るお好み焼きを食べました。すぅちゃんが。基本、自分で作るんだそうです。そう いえばASHの帰りによく食べたコロッケ屋さんで撮影する計画もありました。お店がなくなっていて、すぅちゃん呆然でしたけど(笑)。
23:02 - 2013年4月8日

 


 トークイベント終了後、中元すず香は写真集のお渡し会会場(書泉ブックタワー)に向かいます。

写真集 「さくら学院 中元すず香 2013年3月 卒業」 の発売を記念して、お渡し会の開催が決定しました。
さくら学院を卒業した中元すず香が、感謝の気持ちを込めて直接、ファンの皆さまに完成したフォトブックを手渡しします。
※握手会ではありません。

■日時 4月7日(日)15:30~
■会場 書泉ブックタワー 9Fイベントホール (東京都千代田区神田佐久間町1-11-1)

 http://www.sakuragakuin.jp/news/single.php?id=385

  な、な、な、なんと!
 すぅちゃんが直接写真集を渡してくれるというのだ!
 くぅううう!

 

 お渡し会前にはマスコミ取材が行われました。

 その様子は、各報道機関で報道されたようですが、現在そのほとんどは消えてしまっています。中元すず香、卒アルに納得採点「85点」 | 日テレNEWS24

 残っているのはGirls Newsから配信を受けた記事が多いのですが、このGirls Newshttps://www.girlsnews.tv/gravure/80887がすごいんです。

 なんとすぅちゃんの写真を9枚も配信してくれているんです。

 この日、さくら学院の制服を着るのが最後になるということで中元すず香さんは「早いなと思って、さっきずっとじっくり制服を眺めてました。ボタン1つ1つや靴下の1つ1つとかに思い出が刻み込まれているので、この姿をちゃんと残して行けたらなと思います。」と、まぶたに思い出のさくら学院の制服を焼き付けていた。

 と、記事にもあるように、中元すず香の最後の制服姿をできるだけ伝えたいということなのでしょうか。

 

f:id:pierofw:20171005230906j:plain

f:id:pierofw:20171005230943j:plain

f:id:pierofw:20171005230958j:plain

 

 
 さてさて、問題のお渡し会は、

 パーテーションの中で、すぅちゃんが写真集を手渡ししてくれるというものですが、2冊以上購入した者には、その場ですぅちゃんが名入れ(〇〇さんへ)してくれます。
「プレゼントや手紙の手渡しもできたし、サインしている間にお喋りする事もできた」

 

 こんなくそうらやましいイベントに参加した野郎どもの証言をどうぞ。 

私「生徒会長1年間お疲れ様でした」
す「ありがとうございます」
私「"すぅちゃん"の好きなお菓子は何ですか?」
す「コレってこう答えるべきですか? ハハハハハ(笑)」
 (名入れ用の紙に書かれた[わっふる]という名前を見て)
す「えーっと何だろう…。ワッフルも好きだけどアイスが好き」
私「おぉ~美味しいよね」
す「ありがとうございま~す」

いや~、こんなチャンスもうないと思ったらありえないくらい緊張しましたね。
でも無邪気に笑う"すぅちゃん"の笑顔にとても癒されました。

 https://ameblo.jp/waffle-b/entry-11523469781.html

 ぐぬぬ。もうこの人、死んでもいいと思います
 しかし、冷静に戻ると、このブログのかたは「わっふる」さんなのですが、すぐさま機転を利かした会話ができるすぅちゃんはすごいな・・・

 

並んでいるとパーテーションの向こうから楽しそうな笑い声が聞こえてきてテンション高い。
自分は上手く話せるだろうか?内容は?いろいろ考えながらその時を待ちます。

その時が来てパーテーションの向こうに自分が呼び込まれました。

 す「ありがとうございます!」
 い「はい!あ、これお土産持ってきました。」
 す「あ!卒業式の時お手紙くれましたよね?」
 い「はい、書きました。読んでくれたんだねー。」
 す「えへへ。」
 名前入れながら
 い「まりりちゃんとの思い出って何かあったら聞かせて欲しいなって。」
 す「まりりちゃん、んー、あ!寮でお泊りの時とか夜中までずっと遊んだりしてました!」
 い「へー、そうなんだ。そっかー(しみじみ)。」
 係「ありがとうございましたー。」
 い「それじゃあ、ホントに今年はお疲れ様でした!ありがとうネ!」
 す「ありがとうございます!ニヘヘ♪」

 http://yaplog.jp/ichimanpiece/archive/390

  なにがニヘヘ♪だよ。この人も、死んでもいいと思います
 しかし、冷静に戻ると、このかたはプレゼントに〇〇よりと名前を書いてたわけですが、それを見てすぅちゃんは、「お手紙くれましたよね」って覚えているという。
 すごくないですかこれ? 覚えている上にすぐに思い出すという。
 そりゃあ、この人、大感激ですよねぇ。
 でも、死んでもいいと思います

 

す「ふふふ(微笑んでた)」
私「こんにちはー、さくら学院卒業おめでとうございます」
す「ありがとうございます」
私「すぅちゃん」
す「はい」

名前を書いていた手をとめてこっちをみてしまうので、
サイン中はゆっくりしゃべりかける事にしました。

私「すぅちゃんが○○の時の______って私が作ったやつなんだー、だから使ってくれて嬉しかったです!」
す「え!ほんとですか?嬉しいです。高校生になっても使おうって思ってたりしてます。」
私「うん。ありがとうござます。」

ここで本手渡し

さくら学院卒業しても応援してるから、頑張ってください。」

すぅちゃん笑顔

 https://ameblo.jp/inunohoshi/entry-11508109586.html

  おいおいおい!いったいなにを渡してそれをいつどこですぅちゃんが使ったっていうんだ?
 おいおいおい。
 どっちにしろ、この人も、死んでもいいと思います

 

Q.今後の「中元すず香」としての活動って、サイトを立ち上げたりするんですか?
A.BABYMETALのサイトを見てください

Q.好きな色を教えて下さい
A.白とねぇ、う~ん?水色!

以上

にこにこ微笑みが、とてもかわいかったなぁ

 http://d.hatena.ne.jp/da-i-su-ki/20130407/1365345841

 

何を話すか悩んだのですが、やはり素直に、素晴らしいライブパフォーマンスへの気持ちと感謝を伝えることに。
でも、結局、ふつーに「すーちゃんの歌が大好きです。ありがとう」位しか話せませんでした。
これまでのライブで、どれ程ライブで感激したのかを、もっと情熱を込めて話したかったのに・・・。
すーちゃんも「これから歌を頑張りますので、よろしく」みたいな定型の回答。
 http://blog.goo.ne.jp/mask1970/e/5d37242771e411e270d0d48b7989b284

 うん、そうですよ!
 これぐらいしか話せなくて大丈夫ですよ!
 僕なんかたぶん何も話せないと思います。

 


 ここで、ちょっとこのかたに触れておきたいと思います。

crossroad_2010さん
「すぅ! さくら学院 中元すず香チャン 応援日記」
http://d.hatena.ne.jp/crossroad_2010/

 crossroad_2010さんは、可憐Girl's時代からすぅちゃんを追い続け、あの伝説の「Vegerock」や「冒険者たち」も目撃し、さくら学院時代のすぅちゃんのほとんどのイベントに参加し続けてきたかたです。私がこんなブログを書けるのも、crossroad_2010さんが書き残してくれたブログのお陰と言っていいぐらいです。
 そんなcrossroad_2010さんは、なんとこのお渡し会に参加しなかったというのです。それまでずっと欠かさず参加し続けていたのに・・・

 これからも遠くから見守らせて頂きたく。。

 こんな応援の仕方があるんですね。。。
 crossroad_2010さんの胸の内に思いを馳せるとなぜか泣けてきます。

 

 でも、すぅちゃんは知っているんです。
 そっと見守ってくれているファンがいることを。

 すぅちゃんはさくら学院の日誌でいつも「今日のライブに来ることができないかたも」と記し、ライブに参加できないファンのことを気遣っています。

 すぅちゃんは広島出身ですから、さくら学院のライブに来ることができなくても応援してくれている人がたくさんいることを身をもって感じていたと思います。
 広島の親戚、広島時代の学校の友だち、ASH時代の仲間たち、ASH時代から自分を応援してくれた地元のファンたち・・・
 他にも地方在住のファンがたくさんいることも知っていたでしょう。
 このブログに「BABYMETALのライブに行きたいが健康面で不安があり難しい」とコメントをくれたかたもいます。
 そのように、遠くからそっと見守ってくれているファンがいることを彼女は知っている。

 私は海外在住のときにBABYMETALを知りましたので、すぅちゃんのそんな思いがふしぶしに表れている学院日誌を読んでさらにさらにと中元すず香さんの魅力に引き込まれていきました。

 

 話しが逸脱してしまいました。
 お渡し会のあと、すぅちゃんはこんなメッセージを残したそうです。

 

 

 こうしてすぅちゃんは「中元すず香」としての最後のイベントを終えました。